カテゴリー: 病気にならない食べ方

健康効果別きのこの選び方病気にならない食べ方健康カプセルゲンキの時間

健康効果別きのこの選び方、病気にならない食べ方が健康カプセルゲンキの時間で紹介されました。病気予防することができる食材一覧の「おさかなすきやね」の”き”はきのこです。

 

きのこには、食物繊維のβグルカンが含まれていて、免疫機能の向上や血糖値上昇を抑える効果があります。きのこは、種類が豊富で健康効果も様々だという。食べる種類で健康効果が違います。

 

(さらに…)

酢ショウガの作り方レシピ健康効果病気にならない食べ方健康カプセルゲンキの時間

酢ショウガの作り方、酢ショウガソーダレシピや健康効果など病気にならない食べ方が健康カプセルゲンキの時間で紹介されました。お酢の一番の効果は血圧を下げてくれること。 また血糖値の上昇を抑えたり、血中脂質やコレステロール、中性脂肪なども改善してくれます。また。カルシウムの吸収促進効果や内臓脂肪の減少にも効果があるという。

 

さらにショウガと組み合わせることで、ダイエット効果や免疫力アップもプラスされるというのは、嬉しい限りですね。しょうがには、脂肪の蓄積を抑え、加熱すると体幹部を温めてエネルギー消費量を高め手くれる効果も期待できます。

 

(さらに…)

食生活をチェンジ食べるならどっち?レジスタントスターチ駆け込みドクター

食生活をチェンジ!食べるならどっち?レジスタントスターチなど駆け込みドクター「お正月太りのあなたに2015年はカラダチェンジSP」で紹介されました。食生活を代えるだけでダイエットや健康になるそうです。

 

食生活をチェンジ

1・ハンバーグVSステーキ 太りにくいのはどっち?
太りにくいのはステーキ。
よく噛むことで満腹中枢が刺激されるそうです。
消化の時間がかかるためよりカロリーが消費する。少量でも満足するそうです。

 

(さらに…)

話題の健康法肉食水1日2リットル白米炭水化物抜き生活健康カプセル

話題の健康法、お肉は健康にいいの?水は1日2ℓ以上飲むべき?白米は身体に悪いって本当?など健康カプセル!ゲンキの時間「~どっちが正しいか大激論!~ あなたの健康法 間違ってますよ! 」で激論しました。

 

健康の常識、近年になって見直された新常識が取り上げられました。例えば・・・
・肌の回復には午後10時から午前2時までに寝る・・・×
時間によらず睡眠後3時間の熟睡が重要
・インフルエンザにかかったら風呂は厳禁・・・×
身体を清潔に保つことが必要
・運動前にはストレッチで筋肉を限界まで伸ばす・・・×
怪我をしやすくなる

 

(さらに…)

疲労回復かぜ高血圧対策白米VS玄米1分30秒で出来るお米の研ぎ方食べ分け林修の今でしょ講座

疲労回復・かぜ・高血圧対策には、白米VS玄米どっちがいいの?お米の食べ分け、1分30秒で出来るお米の研ぎ方が林修の今でしょ講座「最近わかったお米の新常識SP」で紹介されました。

 

白米VS玄米、栄養データだけを見ると玄米の方が圧倒的に高いが、食べる人の体調や目的によっては、白米の方が好ましい場合と、玄米の方が好ましい場合があるという。「肥満」「風邪」「しわ・肌荒れ」「疲れ・だるさ」「高血圧」「肩凝り」「冷え性」のそれぞれにどちらが適しているのかを紹介しました。

 

(さらに…)

冷え高血圧肌荒れシミ改善レシピ病気にならない食べ方駆け込みドクター!

冷え、高血圧、肌荒れ・シミ改善レシピ、病気にならない食べ方が駆け込みドクター!お医者さんに聞きたい事! 第五弾、医食同源で紹介されました。

 

医食同源とは、病気の治療も毎日の食事も命を養うことに変わりはない。
食べ物で体の不調を解消!病気にならない食べ方をしよう。
ちょっとした体の不調で多かったのは、体の冷え、肌荒れ・シミ、高血圧。
これらを食べ方で改善できるそうです。

 

(さらに…)