微小血管狭心症とは?症状と治療法について、あさイチで冬の特別編、若くても発症!更年期に多い意外な心臓病として紹介されました。12月から2月は、最も心臓病で亡くなる人が多い時期ですが、70歳以上のお年寄りの病気と思いがちですが、若くても発症するのだそうです。狭心症・心筋梗塞は、冬こそ要注意したいとのことです。

 

40代50代の更年期女性に多いという微小血管狭心症は、胸の痛みだけではなく、時に背中やのど、奥歯、肩、胃など広範囲に痛みが出るのが特徴で、死に至ることはありませんが、生活に大きな支障をきたすこともあると言うことです。静風荘病院の天野惠子医師が解説してくれました。

 

(さらに…)