カテゴリー: 腸内細菌(腸内フローラ)

体にいい発酵食品ベスト6ダイエットに美肌・糖尿病や高血圧対策にも繋がる林修の今でしょ講座

体にいい発酵食品ベスト6がダイエットに美肌・糖尿病や高血圧対策にも繋がると林修の今でしょ講座春の豪華3時間SPで紹介されました。医師50人が選ぶ発酵食品ベスト6です。食品が発酵すると栄養素の量がアップするそうです。カルシウムは12倍に・・・。発酵食品のメリットは、栄養素・うま味が増え、腐りにくく常備しやすいと言うことです。

 

納豆菌は女性に嬉しい成分をつくる!?医学的に見るとチーズはダイエット食品!!など発酵食品のスペシャリストの白澤卓二先生が解説してくれました。発酵と腐敗は微生物の種類が違うそうです。微生物は約40万種類あり、その中で食べ物を発酵させる微生物は大きく分けて、麹菌・乳酸菌・酪酸菌・酢酸菌・酵母菌・納豆菌の6種類なんだそうです。発酵し続けている食品は、そのまま置いても理論上は腐らないのだそうです。

 

(さらに…)

長寿菌のビフィズス菌大便菌を増やす5つの食材その原因腸にあり

長寿菌のビフィズス菌、大便菌を増やす5つの食材がその原因腸にありで紹介されました。長寿菌を増やす5つの食材は、粒味噌、青パパイヤ、アオサ、みき、黒糖です。長寿の秘訣は、腸内細菌のビフィズス菌と大便菌に秘密があるようです。

 

日本一長寿の島・徳之島伊仙町の高齢者を取材し、長寿の秘訣を調査したところ、その秘訣には、”長寿菌”なるものが深く関係していた。通常、ビフィズス菌などは年齢と共に減少してしまいますが、島では80歳でも長寿菌が元気な方もいました。

 

(さらに…)

シミ肌あれチョコレート食べるだけで改善美肌にその原因腸にあり

シミ、肌あれが、チョコレートを食べるだけで改善され美肌になると、その原因腸にありで紹介されました。女性の肌の悩み第1位は、シミとのこと。シミの原因は、活性酸素と肌のターンオーバーの乱れだという。腸内環境を整えることで、肌のターンオーバーがスムーズに行われ美肌効果に繋がり、肌荒れやシミを防いでくれるそうです。

 

腸内環境は、肌を写す鏡とも言われ、腸内環境が乱れてくると、シミや肌荒れになったりするそうです。腸内環境が乱れると血流が悪くなり、ターンオーバーが上手くいかず肌荒れやシミになってしまうというのです。食べるだけで肌荒れ改善シミも減らせるという食材が「チョコレート」だという。

 

(さらに…)

腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを良くする3つの方法伊藤裕みんなの家庭の医学

腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを良くする3つの方法がみんなの家庭の医学「太らない身体を作る!腸内フローラSP」で、伊藤裕先生が紹介しました。ちょっと食べただけで太る人と、沢山食べても太らない人、その差は、腸内細菌(腸内フローラ)のバランスにあるということです。

 

腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを良くして痩せやすい体質になる方法とは!?太らない身体を作る秘密を発見!健康長寿のカギは腸内フローラにあったSP。百寿者の学ぶ腸内フローラとは。
(さらに…)

腸内フローラ(腸内細菌)と肥満の関係太りやすい人太りにくい人の違い伊藤裕みんなの家庭の医学

腸内フローラ(腸内細菌)と肥満の関係、太りやすい人太りにくい人の違いがみんなの家庭の医学「太らない身体を作る!腸内フローラSP」で、伊藤裕先生が紹介しました。ちょっと食べただけですぐ太ってしまう人必見!

 

ちょっと食べただけで太る人と、沢山食べても太らない人の差は、腸内細菌(腸内フローラ)のバランスにあるということです。太らない身体を作る秘密を発見!健康長寿のカギは腸内フローラにあったSP。

 

(さらに…)