カテゴリー: 糖尿病

糖質カット炊飯器で糖質制限

糖質カット炊飯器で糖質制限ができるという。糖質制限の敵といえば、炭水化物。日本人の主食は白米ですが、これまではお米の量を減らして糖質制限ダイエットをしている人も多いはず。

 

でも、糖質カット炊飯器だと量はそのままで糖質を33%カットしてくれるそうです。その仕組みは、お米を炊いている最中に下のタンクに糖質を含んだ水をどんどん落としていくのだそうです。そんな糖質カット炊飯器がZIPで紹介されました。糖質制限ダイエットや血糖値が気になる人に嬉しい炊飯器ですね。

 

(さらに…)

血糖値スパイク予防座ったままザンゲ体操名医のTHE太鼓判! 密着血糖値24時

血糖値スパイク予防、座ったままザンゲ体操が名医のTHE太鼓判! 密着血糖値24時、最強の食事術で紹介されました。医師が口をそろえて言うのが、中でも最も重要なのが血糖値!決して見落としてはいけないのが血糖値!注意すべきは血糖値なのだそうです。

 

血糖値は、中年のおじさんだけが気にするものと思っていたら大間違いで、様々な病気の引き金になると言う。失明や意識障害などにつながる可能性も。2型糖尿病、心筋梗塞、がん、認知症なども高血糖が原因の一つだというのです。血糖値の乱高下は体に大きな負担を強いると言う。

 

(さらに…)

オクラで血糖値を下げるのに効果的な超ネバネバオクラの作り方ためしてガッテン

オクラは、血糖値を下げるのに効果的だということで、超ネバネバオクラの作り方がためしてガッテンで紹介されました。ネバネバ健康野菜のオクラが、ある調理法で「糖の吸収を抑える」抜群の効果を発揮することを発見したという。うまく利用すれば、ダイエットの強い味方にもなるというのです。

 

オクラのネバネバとした「ぬめり」に血糖値を下げる働きがあるとされています。ぬめは、オクラのぬめりは、ムチン、ペクチン、ガラクタンなどの成分で構成されていて、糖質の吸収を抑え食後の血糖値を下げる作用があるそうです。他にも血圧やコレステロール値を下げたり、便秘や下痢の解消などいろいろな効果が期待できるそうです。

 

(さらに…)

糖尿病を食べて改善する方法水溶性食物繊維と食べる順番で腸内細菌を増やすためしてガッテン!

糖尿病を食べて改善する方法、水溶性食物繊維と食べる順番で腸内細菌を増やして血糖値が下がりやすい体質なると、ためしてガッテン!で紹介しました。今までの糖尿病の改善方法は、「運動・薬・食事制限」でしたが、今回の「食べて改善」する方法が食事制限が無いと言うことでしたので、糖尿病患者さんにとっては、夢のような改善方法なのではないでしょうか。

 

大腸には、インスリンを出せという指令を出すインスリン注射システムがあるという。最新の研究で、腸内細菌の中に、糖尿病を改善させるすごいパワーを持ったものがいることがわかってきたと言う。

 

(さらに…)

糖尿病予防ごはんレシピ噛む噛むシリアルヨーグルト新ゴボウの噛む噛むスパゲティこんにゃく入り大豆の噛む噛むご飯さばの噛む噛むレンコンハンバーグこんにゃくの噛む噛むくずきり白熱ライブ日ビット

糖尿病予防ごはんレシピ、噛む噛むシリアルヨーグルト、新ゴボウの噛む噛むスパゲティ、こんにゃく入り大豆の噛む噛むご飯、さばの噛む噛むレンコンハンバーグ、さらに、デザートのこんにゃくの噛む噛むくずきりの作り方をかたやま内科クリニック院長・片山隆司先生と料理研究家の小山浩子さんのコラボ企画、白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはんレシピ」で紹介しました。

 

女性に急増!5人に1人が患う糖尿病を予防・医者が考えた身体に良い最強レシピとは!?生活習慣病の中でも最も深刻な病といわれる「糖尿病」。ひとたび発症すると治癒することはなく、放置すると神経障害などの合併症を引き起こし、末期には失明したり透析治療が必要となることがあるそうです。そんな「糖尿病」予防に効果が期待される“おいしくて体にいいレシピ”となっているそうです。

 

(さらに…)

糖尿病プロジェクト8HbA1c検査早い段階でくい止めろチョイス@

糖尿病、プロジェクト8、HbA1c検査で早い段階でくい止めろ。チョイス@病気になったときで紹介されました。糖尿病は、日本人5人に1人という国民的病だという。糖尿病は、自覚症状がないまま進行してしまうことが多いそうです。気づいた時には、すでに重病になっていて合併症になりつつある場合もあるという。

 

そんな糖尿病の早期発見方法と悪化防止のために欠かせない検査がHbA1c検査だという。その検査を活かし悪化防止のプロジェクトが新潟県魚沼市で行われているプロジェクト8です。

 

(さらに…)

血糖値を下げて血管を若返る入浴法家庭の医学

血糖値を下げて血管を若返る入浴法をたけしのみんなの家庭の医学「カラダマル秘老けないSP」で、北海道大学病院温泉療法専門医で日本温泉気候物理医学会理事長の大塚吉則先生が教えてくれました。

 

糖尿病Ⅱ型の温泉療法があるそうです。温泉療法は、2~3週間かけて行うと血糖値は下がるそうです。2泊3日の温泉入浴でも、2~3日は効能があるそうですが、今回、家庭のお風呂で血糖値を下げる方法を紹介してくれました。

 

(さらに…)

血管若返り温泉療法酸性泉で血糖値低下大塚吉則家庭の医学

 

血管若返り温泉療法酸性泉をたけしのみんなの家庭の医学「カラダマル秘老けないSP」で、北海道大学病院温泉療法専門医で日本温泉気候物理医学会理事長の大塚吉則先生が解説してくれました。身体の老化を食い止め長生きできる方法が紹介されました。血管を若返らせるという温泉は、入浴するだけで、血糖値を低下させ血管を若返らせるというのです。

 

酸性泉とは、酸性度の強い温泉(ph3未満)で、特徴は、硫黄臭、湯の花でピリピリとした刺激があるという。酸性泉には、岩石などを溶かす力が強く様々な歳暮運が溶け出していると言う。

 

(さらに…)

糖尿病名医の予防法GLP-1痩せホルモン林修の今でしょ講座

糖尿病名医の予防法は、GLP-1痩せホルモンがポイントになると林修の今でしょ講座「名医が実際にやっている予防法SP」で紹介しました。糖尿病は、予備軍も含めると2000万人以上いるそうです。糖尿病Ⅱ型は、生活習慣が原因といわれるようです。

 

糖尿病は、すい臓のインスリンの分泌が悪くなることで引き起こるそうです。インスリンは、血管内にある余分な糖を処理する働きがありますが、食べ過ぎなどによって大量の糖が入ってくるとインスリンが処理しきれなくなり糖尿病になるとのこと。

 

(さらに…)

健康になる野菜の食べ方で生活習慣病も改善健康カプセル!ゲンキの時間で紹介

健康になる野菜の食べ方を健康カプセル!ゲンキの時間で紹介しました。野菜のパワーで、生活習慣病や便秘解消、ガン予防効果も期待できそうです。実際に野菜を摂取したことで糖尿病を克服したという医師など成功者を取材していました。

 

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な野菜は、病気の予防や健康的なダイエットに欠かせないものですが、毎日食べ続けるのはたいへんですね。厚生労働省が決める1日に摂りたい野菜の量は、350g以上と言うことですが、日本人の全世代で摂れていないと言う。また、総数でも70g不足しているそうです。

 

(さらに…)