カテゴリー: 予防ごはんレシピ

心筋梗塞予防ごはんレシピコレステロールを下げる名医の予防ごはん豆乳オリーブソース小山浩子白熱ライブビビット

心筋梗塞予防ごはんレシピ、コレステロールを下げる「豆乳オリーブソース」を管理栄養士・料理家の小山浩子さんが白熱ライブビビット名医の予防ごはん「ドクターズキッチン」で紹介しました。

 

「豆乳オリーブソース」を使った心筋梗塞予防ごはんレシピは、きな粉と枝豆のパンケーキ・豆乳マヨ添え、豆乳オイルソースのオレンジポテサラ・全粒粉のパン添え、鰺のアクアパッツァ・豆乳オイルライス添でした。

 

(さらに…)

シミ予防ごはんレシピ4品ビタミンACEたっぷりの名医の予防ごはん白熱ライブビビット

シミ予防ごはんレシピ4品、ビタミンACEたっぷりの名医の予防ごはんが白熱ライブビビット「ドクター’Sキッチン・名医の予防ごはん」で紹介されました。

 

最強シミ予防のオリジナルソース「万能トマトオイルソース」を使った予防ごはんレシピ3品とビタミンACEたっぷりのデザートです。

 

(さらに…)

食べるシミ予防レシピ万能トマトソースの作り方名医の予防ごはん白熱ライブビビット

食べるシミ予防レシピ、万能トマトソースの作り方が白熱ライブビビット「ドクター’Sキッチン・名医の予防ごはん」で紹介されました。紫外線ピークは7月!食べるシミ対策・医者オススメの最強予防食材は「トマト」だと言うことです。

 

吉木伸子先生と管理栄養士・料理家の小山浩子先生がコラボレーション。最強食材を使った「シミ予防ご飯レシピ」が紹介されました。紫外線によるシミ対策を体の中から行うのにおススメな最強シミ予防食材は、「トマト」。トマトには、ビタミンC・βーカロテン・リコピンなど抗酸化力の高い物質が含まれているそうです。トマトを使ったシミ予防のオリジナルソースの「万能トマトオイルソース」の作り方です。

 

(さらに…)

白内障予防レシピしょうがレモン氷の作り方白熱ライブビビット名医の予防ごはん

白内障予防レシピ、しょうがレモン氷の作り方、しょうがレモン氷を使ったレシピが白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはん」で紹介されました。

 

白内障は、40代の5人に1人がかかるという。その予防のため、名医と料理のプロがコラボレーションする「ドクターズキッチン 名医の予防ごはん」。白内障予防の最強食材は、「しょうが」。しょうがを使った最強白内障予防レシピを管理栄養士・料理家の小山浩子 さんが教えてくれました。

 

(さらに…)

胃がん名医の予防ごはんレシピウルトラにんにくオイルじゃが芋と玉ねぎのスープ10分緑茶キューブ白熱ライブビビット

胃がん名医の予防ごはんレシピ、ウルトラにんにくオイル、じゃが芋と玉ねぎのスープ、トマトの冷製パスタ、鮭と緑黄色野菜のにんにくヨーグルトソースがけ、10分緑茶キューブの作り方が白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはん」で紹介されました。

 

日本人が一番発生しやすいがん「胃がん」。胃がんは食事習慣を変えるとリスクを下げることができるそうです。胃がん予防最強の食材は、「ニンニク」と言われているそうです。

 

(さらに…)

認知症予防食材名医の予防ごはん枝豆レシピ白熱ライブビビット

認知症予防食材、名医の予防ごはんで医者おススメのボケ予防食材は、旬の枝豆ということで、枝豆レシピが白熱ライブビビットで紹介されました。 認知症予防に効く!旬の最強食材 “枝豆” 「万能ひたし枝豆」 「枝豆とたたき長芋のおひたし」など料理研究家の小山浩子さんが朝・昼・晩にぴったりの認知症予防ごはん「枝豆レシピ」を教えてくれました。

 

認知症の患者数は、現在500万人だということですが、10年後には700万人にもなると予測されるそうです。認知症の主な原因は、記憶をつかさどる海馬や大脳半球が萎縮。この萎縮が起こるきっかけは、加齢や遺伝的要因と考えられてきたそうですが、最近では食生活が原因で海馬と大脳半球の萎縮が起きると考えられているので食生活を改善することで認知症を予防したり進行を防ぐことが可能だと科学的にわかっていると言うことです。

 

(さらに…)

大腸がん予防ごはんレシピアボカドのくるくる豆腐サラダもち麦きのこご飯のオリーブ納豆がけ根菜のヨーグルト味噌汁白熱ライブビビット

大腸がん予防ごはんレシピのアボカドのくるくる豆腐サラダともち麦きのこご飯のオリーブ納豆がけと根菜のヨーグルト味噌汁の作り方を料理研究家の小山浩子先生が白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはんレシピ」で昨日紹介しました。

 

女性のがん死亡率1位の「大腸がん」を防ぐ“予防ごはん”とは・・・。今月、今井雅之さんが明らかにした大腸がんは、男女合わせて今年中に患者数が1位になるという予測がある病気だとのこと。
(さらに…)