カテゴリー: 家庭菜園

タマネギ深町貴子流プランター栽培やさいの時間

タマネギのプランター栽培の方法を深町貴子さんがやさいの時間で紹介しました。キッチンの常備野菜、丸々と大きなタマネギの収穫を目指します。タマネギ成功の近道は、タマネギのことを良く知って栽培することなんだそうです。

 

私達が食べているタマネギの部分は、葉の部分でタマネギ栽培では、この葉の部分をいかに太らせるかがとても重要だという。

 

(さらに…)

深町貴子流水耕栽培のやり方

深町貴子流水耕栽培のやり方が以前野菜の時間で紹介されたものです。家の中で手軽に育てられると言う水耕栽培。水耕栽培とは、根の部分を水や成長に必要な栄養分を溶かした養液の中に浸して栽培する方法です。

 

野菜の水耕栽培は、見た目もオシャレですし、インテリアにもよさそうです。初心者でも作れる水耕栽培の方法です。水耕栽培におススメな野菜は、ルッコラ・タアサイ・ミズナ・リーフレタス・シュンギキですが、トマトやナスなどの果菜類の野菜も育てることが出来るそうですが、これらは、強い光が必要になるそうです。

 

(さらに…)

小松菜ずし家事えもんのかけ算レシピ

小松菜ずしは、得損家庭菜園で収穫した冬が旬の小松菜を使った家事えもんのかけ算レシピです。小松菜が苦手だというお子さんも多いというが、絶品おすしに変身するそうです。

 

小松菜×たくあんで作る「絶品小松菜おすし」は、小松菜を丸ごとたっぷり使いヘルシーでさっぱりとしたお寿司だということです。小さくてまんまるで、たくあんと紅ショウガで彩りもいい可愛いお寿司ですね。

 

(さらに…)

得損家庭菜園得する家庭菜園テク発芽うま味アップ術

得損家庭菜園、得する家庭菜園テク発芽うま味アップ術があのニュースで得する人損する人で、坂上忍の“あのお役立ちテクって得ワザ!?損ワザ!?”のコーナーからの大型連載企画スタートです。

 

お得なテクニックを使って、美味しい野菜を育てるという「得損家庭菜園」。家庭菜園初心者でも失敗しないための、2つの得ワザが紹介されました。

 

(さらに…)

セロリ初栽培育て方と気をつけること

セロリを初栽培しました。育て方と気をつけることを調べてみました。セロリはあまり食べませんが、ビタミンや食物繊維を多く含むということなので、健康を意識しセロリの栽培に挑戦することにしました。

 

セロリの苗を連休あとから探していましたが、種蒔きの時期は、5月上旬~7月上旬で、苗の植え付けは、6月下旬~9月上旬だということでした。収穫までは、約3.5か月かかるのだそうです。

 

(さらに…)

伏見甘長トウガラシ初栽培

伏見甘長トウガラシ初栽培です。伏見甘長トウガラシの育て方を調べてみましたが、唐辛子と同じようです。唐辛子やしし唐なども同じ育て方みたいなので、お取り寄せ苗を購入し、今日、家庭菜園用の畑に植えてきました。

 

伏見甘長とうがらしは、京の伝統野菜のひとつで、江戸時代から京都の伏見地区で栽培されてきた甘唐辛子の一種なんだそうです。辛味がまったく出ない細長の甘とうがらしで、よく繁茂して果形10~15センチぐらいの果実が一株200個ほど着くそうです。

 

(さらに…)

マツコの知らない家庭菜園の世界深町貴子

マツコの知らない家庭菜園の世界を園芸家の深町貴子さんが紹介しました。ポカポカ陽気の5月に始めるのに最も適した趣味は、「家庭菜園」。家庭菜園の挫折する人は4割もいるという。挫折知らずの育て方とは・・・。挫折知らずの家庭菜園のコツを伝授!!

 

深町さんは70平米のルーフバルコニーで2000種類以上の野菜を育ててきたと言う。挫折知らずの簡単野菜、醍醐味は、採れたてを食すのだそうです。

 

(さらに…)

新玉ねぎを収穫

新玉ねぎを昨日収穫しました。今年初の玉ねぎです。本当はまだ収穫するには小さいですが、中球くらいになっていたので、一玉抜いてきました。家庭菜園で玉ねぎの苗を3月収穫、4月収穫の早生と6月収穫の奥と紫玉ねぎを植えてあります。

 

昨日収穫し、取立てを早速夕ご飯の一品にしました。まず初めては、生で・・・ということで、毎年、初めての収穫のときは、「玉ねぎのスライスオカカしょうゆ」のレシピにします。

 

(さらに…)

玉ねぎの苗を植え付けました

玉ねぎの苗を500本植えました。極早生と早生、普通の貯蔵用と紫玉ねぎの苗です。たまねぎ用穴あき黒マルチを敷いて1本づつ植えつけました。

 

極早生は3月に、早生は4月に収穫できると言うことですが、我が家では毎年、4月の終わりごろになってしまいます。

 

(さらに…)

金時草栽培・育て方挿し木しました

金時草(キンジ)の苗をもらったのですが、1株では食べるほども収穫できません。金時草の種は見たことがなく、調べてみると、苗か挿し木で増やせると言うことでした。早速、挿し木にして見ました。

 

金時草は、加賀野菜なんだそうです。和名はスイゼンジナ(水前寺菜)といい、キク科ギヌラ属の多年草で、熱帯アジアが原産なんだそうです。鮮やかな赤紫と緑のコントラストが目を引く「金時草」ですが、葉裏の赤紫色が「金時芋」や「金時豆」に似ていることから呼ばれるようになったとか。沖縄県では「ハンダマ」とも呼ばれていているとか。

 

 

(さらに…)