近視、老眼、ドライアイ予防&対策法を眼科の名医、荒井宏幸先生が林修の今でしょ講座、今回のテーマは目、「近視、老眼、ドライアイ予防&対策法SP」で紹介しました。近視、老眼、ドライアイ対策に眼科医がプライベートでやっている目に良いこととは。目にいい日常生活の過ごし方とは。

 

近視対策の為に行うのは・・・、老眼対策のために食べるものは・・・、ドライアイ対策の為に目薬の指し方など、家庭ですぐに実践できる”予防&対処法”が紹介されました。

 

スポンサードリンク

 

1.近視

近視の見え方は、近くが見えて遠くが見えにくい。
光が水晶体を通り網膜にピンとが合わさっている人は、目が良く、網膜より手前にピントが合ってしまう人が近視なんだそうです。

 

近視が強い(強度近視)”ド近眼”だと将来、眼底出血や網膜剥離で失明する危険もあるそうです。また最近は大人でも近視になる人が増えているという。今は、パソコンの作業や携帯電話の操作などで目を酷使している時代だという。それが、近視に繋がるそうです。

 

①携帯電話の使い方
大高功医師は、インターネットのページ読み込み中は遠くを見ると話した。近くをじっとみることは筋肉を収縮させたままと一緒で近視になりやすく、悪化させやすいとのこと。そのためリラックスさせるために遠くを見ることが大切。
近視対策・・・1時間に1度は遠くを見る

 

布団での携帯電話の使い方・・・枕を高くして、体を起して目の正面で見る
立っている角度に近いようにしないと疲れてしまう。

 

②パソコンの使い方
眼科医の梶田雅義医師は、パソコンの後ろに照明を置く。パソコンの画面が明るくて部屋は暗いと瞳は疲れてしまい近視に繋がる。また、井出武先生は、子供にタブレット端末を読ませる時は書見台を使っているそうです。

 

③お風呂で近視対策
眼科医の後藤英樹先生は、お風呂では熱いタオルで3分、目を温める。目の周りが温められ目の筋肉のこりを和らげることができる。
近視対策に目を温めると効果があるのか実験した結果、目を温めることによって目の筋肉や血流の改善が期待できる。冷たいおしぼりを目に当てるのも良いとの事。

 

仕事中は目の筋肉を冷やす
寝る前は目の筋肉を温める

 

やってはいけない目に悪いこと

目を押すのは絶対にダメ、網膜剥離になることもあるそうです。疲れ目対策には目の周りの骨の上の部分や鼻の内側を押すと良い。

 

老眼

40歳を過ぎるとダレもがなってしまうと言う。
老眼は近くのものがぼやけて見えづらくなる症状。
老眼は水晶体の変化で起きる、水晶体が固くなるのは老眼、白くなるのが白内障。

 

20代で老眼になるのは調節不全。調節不全は、目を酷使することで水晶体に負担がかかり動きが低下すること。

 

家庭で簡単に出来る老眼チェック法

用意するもの:ジュースの缶Or調味料の瓶など(細かい字が書いてあるもの)
目から離して字が読めるところでとめる
目からの距離が30cm以上で老眼の可能性あり

 

④眼鏡の使い方
眼科医の戸田郁子先生は、外出時に日差しが強い時はサングラスをする。目の水晶体は紫外線を吸収し網膜を守る、年齢を重ねると老化固くなる。その保護のためにサングラスは有効。また老眼対策には色の薄いサングラスが効果的。

 

色の濃いサングラスをかけると、暗いため光を集めようと、瞳が開く結果的に目に入る紫外線が増える。
岩崎美紀医師は、見るものの距離によって度の違う2つの老眼鏡を使い分けている。ものを見る時は距離によって使う眼球の筋力が異なる。

 

パソコンを見る時⇒度の弱い老眼鏡
パソコンより近い距離を見る時⇒度の強い老眼鏡

 

⑤食事
後藤英樹医師は、老眼対策に青魚を多く食べるようにしている。青魚には、身体の老化を防ぐと言われるDHA・EPA(抗酸化物質)などの抗酸化物質が多く含まれ。抗酸化物質が老眼対策に期待できるそうです。網膜や水晶体は酸化ストレスで加齢変化するので抗酸化物質で加齢を遅らせる。老化の原因といわれる活性酸素を抑える効果も期待できる。

 

ドライアイ

荒井医師はドライアイを放置すると角膜移植が必要になる可能性がある、肌が年をとるように目の表面でも同じことが起きていると説明した。つづいて出演者が10秒間瞬きを我慢するドライアイチェック法を実践した。

 

ドライアイは、2200万人もの患者がいるといわれている。ドライアイは、目を覆う涙が感想し傷や障害が生じる病気。ドライアイは、放っておくと失明に繋がるという。ドライアイには、隠れドライアイといって気塚づかない人も多いんだそうです。

 

ドライアイチェック法

10秒間瞬きを我慢できなければドライアイの可能性あり
ドライアイには、涙の量が少ないものと涙の質が悪いものがある。
涙は水と油からできていていい割合がある。

 


10秒間まばたきせずにいられますか ドライアイの最新治療とアンチエイジングアプローチ/坪田…

 

⑥メイク
眼科医の戸田郁子医師は、寝る前に必ずアイメイクは落とす。目のふちにアイラインやアイシャドウがついていると、目元のマイボーム腺を塞いでしまう。マイボーム腺が分泌する脂は涙の蒸発を防ぐ作用をしているので、詰まってしまうとドライアイや目の違和感に繋がる。
男性も目の周りの汚れや皮脂でマイボーム腺が詰まる場合もある。

 

⑦目薬のさし方
ドライアイの治療法は、主に目薬。
荒井医師はさした後に瞬きをしない、瞬きで目薬が鼻のほうに流れてしまう。

 

ポイント1.さす前に1~2滴捨てる
ポイント2.顔の角度は45度
ポイント3.瞬きをせず目頭をおさえる
ポイント4.2滴以上ささない

 

日常で出来る目を潤す方法

瞬きをきちんとすることが一番簡単で重要。
意識して瞬きをすると目に潤いが戻った。

 

1時間に1回くらい。パソコン作業している時はさらに意識して瞬きをしたほうがいい。また涙は花粉などアレルギー物質を押し流すこともできるそうです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です