内臓脂肪の落とし方、着火剤ジュースレシピとオメガ3系脂肪酸について、内臓脂肪に詳しい名医池谷医院院長の池谷敏郎先生が林修の今でしょ講座で紹介しました。脂肪を燃焼させるホルモン・最強のホルモンを分泌しやすくすると、だれでも痩せやすくなる可能性がある。内臓脂肪を落とせば、最強のホルモンがでて体が痩せ体質になるそうです。

 

内臓脂肪の元である中性脂肪の燃焼を助けるホルモンの一種であるのが、アディポネクチンで、内臓脂肪が少なくなると分泌量が増えるそうです。

 

スポンサードリンク

 

内臓脂肪が減ると、悪いホルモンが減り、良いホルモンが増えて脂肪燃焼が高まってどんどん痩せ易くなるそうです。

 

医学的ダイエットの常識は、内臓脂肪は溜まりやすいが燃えやすく減らしやすくもあると言う。

 

内臓脂肪がおちるのは、何日くらいで実感できる?⇒この後から始めると週末には落ち始めるそうです。正しいやり方をすると、内臓脂肪はずぐ落ちやすいそうです。ただし、内臓脂肪の落とし方には、コツがあるそうです。

 


【楽天ブックスならいつでも送料無料】図解血管を強くするジュース&レシピ [ 池谷敏郎 ]

 

内臓脂肪の落とし方

医学的根拠のある最新ダイエット方法

●内臓脂肪を燃やす着火剤ジュースレシピ(3人前)
<材料>
にんじん4本 りんご(大)半個 レモン 1個
亜麻仁油 小さじ半分~1杯

材料をジューサーにいれて絞ります。最後に脂肪燃焼に役立つ亜麻仁油を手作りジュースに入れて完成。

 

亜麻仁油(オメガ3系脂肪酸)を朝とるとカンタンな運動でも脂肪が燃えやすくなる可能性があるそうです。
オメガ3系の脂肪・・・亜麻仁油以外に、エゴマ油、シソ油、青魚の魚油など。

 

亜麻仁油(オメガ3系脂肪酸)をとって運動⇒脂肪の燃焼をより早めるという最新研究報告が!オメガ3系脂肪酸は、中性脂肪を抑え分解酵素を活性化させることで脂肪燃焼を促すそうです。

 

亜麻仁油(オメガ3系脂肪酸)を朝とる理由は、朝の習慣(通勤・通学・掃除などの家事)は、医学的にみると立派な運動だということなので、通勤や家事で脂肪が燃えやすくなる可能性があると言うのです。脂肪を燃やすためにはビタミン(補酵素)が必要なので野菜と一緒にとると野菜が脂肪を燃やす働きを助けるそうです。1日小さじ2杯程度生のまま摂取するといいそうです。ジュースのほかに、サラダでもいいそうです。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です