効率的な脂肪の落とし方、運動、足上げの方法・炭水化物の太りづらい食べ方・脂肪を燃焼しやすい入浴法について内臓脂肪に詳しい名医池谷医院院長の池谷敏郎先生が林修の今でしょ講座で紹介しました。

 

有酸素運動は、30分以上運動しないと脂肪は燃えないと言われてきたが、たった5分でも脂肪は燃えるというのが、常識を覆すダイエットの新説。筋肉に効率よく刺激を与えて脂肪を燃えやすくする運動。下半身に7割の筋肉が集中しているので、下半身の筋肉を刺激すると効率よく脂肪を落とすことに繋がるそうです。

 

スポンサードリンク

 

楽に足上げ運動をする方法

①浅く椅子に腰掛ける
②背中を背もたれにあてる
③足を浮かせるだけでもOK
キツイ人は片足だけ上げるだけでもOK

 

□1分程度の足上げ運動で十分
□自分のできる範囲で無理せず継続

 

炭水化物の太りづらい食べ方

今までの常識は、炭水化物を食べると太りやすいといわれてきたが、ある鉄則を守ると炭水化物を食べても太りにくいそうです。

 

ダイエットには、おにぎりを冷やすことが大切!?炭水化物が太りやしといわれている理由は、炭水化物は消化されやすいため、血糖値が上がりやすくインスリンが大量に分泌される。インスリンの働きは、血糖値を下げるために糖を脂肪に変えてしまうそうです。

 

淡水かぶとを冷やすとその一部が消化されにくい成分レジスタント・スターチに変わるため、消化されにくく血糖値は上がりずらくなるそうです。そうすると、インスリンの分泌が減り脂肪を溜め込みにくくなるそうです。

 

□ 加熱⇒冷やす  消化されにくいでんぷん類が生まれる
□ 冷たくしすぎなくても常温でも効果アリ

 

脂肪を燃焼しやすいお風呂の入り方

お風呂はダイエットに最適な時間。さらにグレープフルーツの皮とコーヒーで脂肪を燃焼しやすい。体重60kgの人が、30分湯船に浸かると12分間のジョギングに相当するそうです。

 

お風呂に入る前にコーヒーを飲む・・・コーヒーに含まれるカフェインが交感神経を活発にして脂肪燃焼に繋がる可能性がある。
お風呂にグレープフルーツの皮を入れる・・・グレープフルーツの香り成分は脂肪燃焼を高める可能性がある。

 

□グレープフルーツの香り成分が交感神経の働きを活発に!
□コーヒーを飲む

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です