肩こり&腰痛に効く「骨ストレッチ」、手首肩甲骨ストレッチ、手首スクワットのやり方が金スマで紹介されました。骨ストレッチの考案者は、かつて陸上100mにおいて自己最高10秒20の記録を残すトップスプリンターであり、現在スポーツケア整体研究所代表を務める松村卓さん。

 

たった30秒!肩こり解消&腰痛改善、新健康法「骨ストレッチ」。骨をスムーズに動かし、筋肉に負荷をかけず血流を良くする。出版された本は、シリーズ累計15万部突破のベストセラーになったという。

 

スポンサードリンク

 
骨ストレッチ
骨ストレッチとは

従来のストレッチのように筋肉や関節に働きかけるのではなく、それらを支える骨を効果的に動かそうというもの。体の芯となる骨をスムーズに動かすことができれば、筋肉や関節に負荷をかけないため少しずつ、痛みや辛さとは無縁の理想的な体型になっていくんだとか。

 

 


【楽天ブックスならいつでも送料無料】ゆるめる力骨ストレッチ [ 松村卓 ]

 

手首肩甲骨ストレッチ(肩こり解消)

1.顔の横で右手の親指と小指を付け反対の手で右手の手首の骨をつかむ。(肘は90度)
2.顔は正面のまま肩甲骨を意識して後方に7回ひねる

 

骨ストレッチの基本ポーズは体に余計な力が入らないためのもの。この状態で肩甲骨を意識的に動かすと体の中心を使うため方周辺の可動域が広がる。すると、広範囲で肩回りの血流がよくなるため肩こりが解消される。

 

肩こりに悩む50代、60代の女性10人にも同様のことをやってもらったところ、全員の数値が改善。

 

手首スクワット(腰痛改善)

1.骨ストレッチの基本ポーズで椅子に座り、真上に引っ張られるイメージで立ったり座ったりを7回繰り返す。

 

骨ストレッチの基本ポーズで体に余計な力が入らないため自然と姿勢が正され骨盤のズレが治り腰痛が改善される。

 

腰痛に悩む50代、60代の女性10人でも同様の検証をしたところ、全員の数値が改善。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です