超簡単麹の甘酒の作り方と効果がサタデープラスで紹介されました。甘酒も米麹で作られているのでしょうゆ麹と同様に腸内環境と美肌にも効果的だということです。甘酒は、飲む点滴といわれるほど栄養価の高い食品です。

 

甘酒には、2種類あり酒粕をお湯で溶いて砂糖で甘みをつけたものと米麹を50~60℃のお湯で糖化させて麹の力だけで甘くしたものがあります。しょうゆ麹と同様に米麹で作った甘酒は、発酵食品の一つなので腸内環境を整える効果があり、麹菌が悪玉菌を減らして善玉菌を増やすので体内の活性酸素が減りそれが美肌へとつながるそうです。

 

スポンサードリンク

 

さらに、甘酒には腸内環境を整え、便秘解消や肌荒れ解消にも効果的だということです。しかも自然の甘みが摂れるので料理などにも活かせるということです。

 

超簡単甘酒の作り方

<材料>
乾燥麹 200g
60℃のお湯 200cc
比率は1対1の割合です。

<作り方>
1.しょうゆ麹とほぼ同じで、清潔な瓶に乾燥麹を入れて60℃のお湯を入れる。
2.しっかりと混ぜてフタをして一週間発酵させる。

 


国菊 あまざけ900ml×6本入(1ケース)【健康食品】【ダイエット食品】【篠崎】【甘酒】【あ…

 

炊飯器で超簡単甘酒の作り方

<炊飯器を使った時短ワザ>

1.清潔な瓶に乾燥麹を入れて60℃のお湯を入れる。
2.よく混ぜ、フタをする。
3.炊飯器に60℃のお湯を入れ、耐熱瓶に入れた甘酒を入れる。
4.水温計で測り、60℃前後を保っていることを確認。
5.炊飯器を保温モードにしてフタを開けたまま上からフキンを被せる。
6.保温状態にしたまま一晩置くだけ。
※この方法だと約8時間で作ることが出来ます。

 

甘酒の飲む時間

1日3回(各90cc)を食間に飲むのがおススメ。
※飲み過ぎるとゆるくなるので注意!

 


夏でもおいしい麹甘酒で健康になる [ 山下くに子 ]

 

甘酒レシピ

砂糖の代わりに。
・甘酒を使ってホットケーキ
・甘酒プリン・・・甘酒に牛乳とゼラチンを加えて冷蔵庫で冷やす。砂糖を一切使わない。これに刻んだショウガのソースをかければ甘さが引き立ち栄養効果もアップする。

 
甘酒もしょうゆ麹同様、美味しく食べられる期間は冷蔵庫で保存して一週間程度だということです。甘酒って作るのが面倒なので、買っていましたが、今回の超簡単甘酒の作り方なら自分で作れそうです。最近暖かくなったせいか、スーパーで甘酒を見なくなりました。手作りするしかないのかな。。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です