ぽっちゃり学園と縁切りで-45kgのダイエットに成功した大谷友里さんが、世界仰天チェンジダイエット出紹介されました。1994年 愛知県長久手市に生まれた彼女は、小さい頃から食べることが大好きな少女だったが、同居している祖父母のおかげで薄味だったことと周りが田んぼで買い食いが出来なかったため、痩せていました。

 

そんな彼女の運命を大きく変えたのが、高校入学後。クラスメイトがみんなぽっちゃり女子のぽっちゃり学園だった。見たこともないパンケーキや食べ放題などぽっちゃりフレンズに付き合っていると、みるみるうちにぽっちゃり学園の一員に。

 

スポンサードリンク

 

放課後は食べ放題、家では一人パーティー を毎晩開催した結果、入学時43kgだった体重は、1年で38kgも増え81kgに。そして高校を卒業する時には、身長150cm体重95kgにまで膨れ上がっていた。ホンジャマカの石ちゃんそっくりになってしまった友里さん。

 

ある日、車の免許を取りに行くとなんとお腹が邪魔でアクセルに足が届かない。教官からは痩せてから来るようにとまさかの出直し勧告を受けた。これには、ショックを受け一度はダイエットを決意したものの、ぽっちゃりの友人たちがそんな抜け駆けは許さず阻止され、体重は減ることはなかった。

 

だが、そんな友里さんに運命の出会いが・・・ 。その日、観ていたテレビは、仰天ニュースの人気コーナー「仰天チェンジコンテスト!」。凄いデブばかりだと指摘する友里さんに、家族はそんなに変わらないでしょと言われ、それほど自覚が無かった友里さんは、水着を着て鏡で確認してみると自分のうしろ姿に、大ショック。後ろ姿が鏡餅のようになっていた。ダイエットの神が降りてきた。

 

ついに友里さんは痩せる事を決意!そのダイエット方法は、仰天チェンジを徹底チェックしマネする事だった。

 

仰天チェンジダイエットの真似ダイエット

●「激臭ダイエット」・・・父親の靴下のニオイを嗅ぐ。誘惑の時には、悪臭で食欲を押さえ込み断ち切った。
●家中に大好きなキャラクターを張り付け食べ過ぎを監視してもらう作戦・・・友里さんが監視役に選んだのは大ファンの鶴瓶さん。おなかが減って苦しい時にも、ランニングに耐えられなくなった時も、 鶴瓶さんに監視してもらいながらダイエットを続けた。

 

<ダイエット結果>

MAX95キロあった体重は、3年でなんと50kgに。-45kgのダイエットに成功。仰天チェンジに助けられたのでした。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です