オクラは、血糖値を下げるのに効果的だということで、超ネバネバオクラの作り方がためしてガッテンで紹介されました。ネバネバ健康野菜のオクラが、ある調理法で「糖の吸収を抑える」抜群の効果を発揮することを発見したという。うまく利用すれば、ダイエットの強い味方にもなるというのです。

 

オクラのネバネバとした「ぬめり」に血糖値を下げる働きがあるとされています。ぬめは、オクラのぬめりは、ムチン、ペクチン、ガラクタンなどの成分で構成されていて、糖質の吸収を抑え食後の血糖値を下げる作用があるそうです。他にも血圧やコレステロール値を下げたり、便秘や下痢の解消などいろいろな効果が期待できるそうです。

 

スポンサードリンク

 

番組では、そうめんにオクラをプラスしただけで、食後血糖値が約3割減少したという。オクラをプラスしただけで血糖値の上昇を抑えることが出来理由は、オクラに含まれるネバネバが糖分を包み、小腸に入ってもまだ糖分を包んでいるため糖の吸収を抑えているからだそうです。

 

今回取材したのは、世界屈指のオクラ好きな国、アフリカ・ガーナ。ガーナの人たちは乾燥オクラを粉にしてスープに入れ、とろみとして使っていたのです。実はこれが血糖値を押さえてくれるヒントになったそうです。ガッテンがたどり着いたのは、オクラを「生で、細かく刻んで、水を加える」という新ワザでした。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
京都・西日本産 露地オクラ1袋(8本前後入)≪京野菜・おくら≫【532P16Jul16】

 

超ネバネバオクラの作り方

「生で」「刻んで」「水を加える」だけととっても簡単!!

<作り方>
1.生のオクラを水洗いした後、へたの下からとがった先までタテに切れ目を数本を入れて細かくみじん切りにします。(フードプロセッサーを使ってもOK。その場合は、水も加える。)
2.刻んだオクラをボウルや深めのお皿に入れて水を入れます。 水の量は、オクラ5本に対して水大さじ2が目安。粘りが少ない場合は、水を少なめにする。
3.水を入れたら箸でかき混ぜる。1分ほどかき混ぜ、粘りが出てきて塊のようになったら完成。
※お好きな量を、お好きな料理に加えて食べてみて。
※袋に入れて密閉すれば冷凍保存もOKです。
※凍らせると好きな分だけ使うことが出来ます。

 

今から、旬のオクラ我が家でも畑で作っていて、収穫できているので、超ネバネバオクラ作ってみたいです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です