えのきの健康効果、効果的な摂り方「えのき氷」が華大の知りたいサタデー特集は、エノキのマル秘健康パワー、○○○○で栄養成分倍増?!が紹介されていました。えのきたけには、骨粗しょう症の予防、脂肪吸収の抑制、免疫力アップなどうれしい効果が満載だということです。

 

エノキの栄養成分や健康効果、その成分の効果的な摂り方(えのき氷や干しえのき)などが紹介されました。えのきは、台風などに影響されない、お財布に優しい食材で家計の味方です。

 

スポンサードリンク

 

エノキの栄養効果

ビタミンB1 ・・・ 体の疲れ、糖を体外に排出してくれる効果
ビタミンB6 ・・・ 脳の活性を高める効果
ビタミンD ・・・ カルシウムと一緒に食べることでカルシウムをしっかり体の中に吸収してくれ骨粗しょう症等を予防
パントテン酸 ・・・ 動脈硬化を予防
葉酸  ・・・  体を調節してくれる
キノコキトサン ・・・ 脂肪の吸収を抑制し、血液をサラサラにする(胃酸・水に溶けにくい、ねつによる分解もされにくい)
エノキタケリノール酸 ・・・ 内臓脂肪の燃焼を助ける。体の中の脂を体外に排出してくれたり、吸収を抑制する効果があるので食べるジョギング効果とも言われている。

 

エノキの健康効果

動脈硬化の予防・認知症/脳梗塞の予防・疲労回復・カルシウムの吸収を補助・脂肪吸収の抑制・免疫力アップ

 

エノキタケを食べることで、免疫力が高くなる効果

NK(ナチュラルキラー)細胞  ⇒  体の中に増えることによって、病気を予防してくれるようなものを高めてくれると言う効果。

免疫力調整効果 ・・・ 病気を退治するために必要な免疫力アップ ↑↑ アレルギーに対して高くなりすぎた免疫力をダウン ↓↓ (インフルエンザ・花粉症にも効果あり!?)

 

エノキの効果的な摂り方

エノキタケは、そのまま食べてしまうと健康効果が十分発揮されないそうです。エノキタケは、細胞壁が非常に硬いので壊すことで栄養素を余すことなく摂取できると言うことです。

そこで、以前話題になった、エノキ生産量日本一の長野県中野市で開発された「エノキ氷」がいいというのです。エノキ氷は、エノキタケをすりつぶしてペースト状にして凍らせたもの。1個で16gのエノキが摂れるそうです。

凍らせるメリットは、細胞内の水分が凍って細胞壁が破壊されやすくなり栄養素が外に出る。エノキ氷の適量は、1日3ブロック(エノキ50g相当)。

 


【送料無料】えのき氷5袋×12キューブ【JA中野市正規「指定品」(機能性試験)】【はなまるマーケット】【えのき氷】【ためしてガッテン】【ダイエット】【エノキ氷】【カニ蟹鍋】【RCP】【損する人得する人】【あさチャン】

 

中野市では、エノキドレッシング・干しエノキ・なめたけの素・など40種類ものエノキ商品があるそうです。なかでも大人気なのが、「エノキ氷」だという。エノキ氷は、なすと厚揚げの煮びたしに入れたり、味噌汁に入れて毎日使っているそうです。

 

~ 関連記事 ~

●えのき氷で糖尿病を改善予防ダイエットにも効的

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です