ダイエットの落とし穴、運動直後のお風呂厚着で運動は、ダイエット効果が減少すると林先生が驚く初耳学で紹介されました。運動は、ダイエットの基本中の基本ですが、これを知らないと運動してもダイエット効果が減少してしまうのだそうです。

 

運動した後は、汗を流すためにすぐにお風呂に入りたくなりますよね。しかし、運動した直後のお風呂は、ダイエット効果が減少するのだそうです。実は、筋肉を温め過ぎると痩せなくなるのだという。それは、筋肉に多く含まれているリパーゼという脂肪を分解する酵素が大きく関係しているそうです。

 

スポンサードリンク

 

運動直後のお風呂はダイエット効果が減少

ダイエットで重要なのは、筋肉に多く含まれるリパーゼの働き。リパーゼの脂肪を燃焼させる働きは温度が大変重要なんだそうです。

平常時、筋肉の温度は焼く37℃
↓ ↓
運動して筋肉の温度が39℃になると、リパーゼが活性化し脂肪を燃焼させる。
↓ ↓
筋肉の温度が40℃を超えるとリパーゼの働きは鈍くなり脂肪燃焼効果が低下してしまうのだという。

運動後、30分くらいは筋肉が温まっていて脂肪燃焼が続いているのに、お風呂に入ってしまうと筋肉を温めすぎてしまい、リパーゼの働きが鈍くなりせっかくの脂肪燃焼効果をさまたげてしまうということでした。ちなみに、ぬるま湯でも筋肉は温まってしまうので(運動直後は)入浴は避けたほうがいいということでした。

 

でも汗を流したい場合は

その場合はシャワーなら筋肉まで温まらないので問題がないとのこと。

 

厚着で運動もダイエット効果が減少

汗をたくさんかいたほうが痩せると思い込んで厚着で運動している方もいますが、厚着での運動も筋肉を温めすぎてしまうので脂肪燃焼効果が低く、ダイエット効果が減少してしまうそうです。なので、運動していて汗をかいてきたら、上着を脱いだほうが脂肪燃焼効果が高くなるそうです。

 

~~  関連記事  ~~

・猫のびダイエット1日3分猫のびポーズ9秒でマイナス3Kgのダイエット林先生の初耳学

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です