お肌しっとりシュガースクラブの作り方があさイチで紹介されました。シュガースクラブは、砂糖とサラダ油で作るので、安価なうえに乾燥したお肌に効果絶大なお肌ケアだと言うことです。

 

視聴者モニターで実験したところ、カサカサ肌がしっとり肌に大変身したそうです。シュガースクラブは、かかと、すね、ひじ、手の甲、指先など肌荒れが気になる部分に使います。

 

スポンサードリンク

 

シュガースクラブの作り方

<材料>
上白糖
サラダ油

砂糖とサラダ油を1:1の割合で用意します。
オリーブオイルでも大丈夫です。

<作り方>
1、砂糖とサラダ油を1:1の割合で混ぜ合わせるだけです。

 

【公式店】☆35g☆まずお試しはこのサイズから【シカムイ シュガースクラブ 35g】北海道天然スキンケア★美肌の栄養!肌をやわらげ乾燥を防ぐ!抜け毛・白髪防止にも★SCICAMUI★TAKAKO BEAUTY VOYAGE 楽天市場店

 

<使い方>
1、濡れた皮膚に砂糖の粒が溶けるまでなじませたら洗い流すだけです。
※特にお風呂の湯舟につかった後、出る前に行うと水分が肌に閉じ込められます。
※油が肌に合うかどうか、必ずパッチテストをしてからお使いください。
※手作りシュガースクラブは敏感な赤ちゃんの肌や、顔などに使用するのを避けてください。

●顔

砂糖の吸収性の高さを生かすため、洗顔後の化粧水を使用する前にシュガースクラブを使うと、化粧水や美容液をより効果的に肌に吸収させることができるるそうです。

●かかと、ひざなど

カサつきがちなかかとやひざなどには、まずしっかり濡らしてからシュガースクラブを塗り、優しくマッサージするように使います。マッサージをすることで角質をキレイにするだけでなく、血行も良くなり、より効果が期待できるそうです。1分ほどマッサージした後は、ラップをして保湿効果を高めてから、洗い流すとより効果的だと言うことです。

●くちびる

荒れた唇にはハチミツを塗ると良いと言ったことを聞きますが、シュガースクラブでも代用できるそうです。唇にシュガースクラブを塗って優しくマッサージし、ラップをしてしばらく置いてから拭きとればOK。

 

乾燥が気になるかかとやひじ、ひざの改善など、使い続けることでお肌の角質の水分量がアップし、表面のきめも整います。砂糖には保水力があり、医学的にも傷を治す効果が実証されており、治療薬としても使われているそうです。

 

シュガースクラブは、乳幼児の赤ちゃんのスキンケア、湿疹のケアにも使われていて効果がわかっているそうです。実際に1か月乳幼児に使い続けたというグラフでは、お肌の水分、弾力、皮脂量ともに数値が大幅にアップして改善していました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です