微小血管狭心症とは?症状と治療法について、あさイチで冬の特別編、若くても発症!更年期に多い意外な心臓病として紹介されました。12月から2月は、最も心臓病で亡くなる人が多い時期ですが、70歳以上のお年寄りの病気と思いがちですが、若くても発症するのだそうです。狭心症・心筋梗塞は、冬こそ要注意したいとのことです。

 

40代50代の更年期女性に多いという微小血管狭心症は、胸の痛みだけではなく、時に背中やのど、奥歯、肩、胃など広範囲に痛みが出るのが特徴で、死に至ることはありませんが、生活に大きな支障をきたすこともあると言うことです。静風荘病院の天野惠子医師が解説してくれました。

 

スポンサードリンク

 

微小血管狭心症とは?

40代50代の更年期(閉経前後)の女性に多いとされる狭心症です。狭心症は心臓の血管が細くなる病気ですが、その血管以外の更に細い血管、微小血管が細くなってしまうのが微小血管狭心症なのだそうです。余りにも細いので検査してもわかりずらいそうです。10人に1人位かかるそうです。

 

微小血管狭心症の特徴的な症状

・胸が押されるような痛みがある
・時に広範囲な痛みがある(歯、あご、のど、胃、背中、胸、腕、胃など)
・安静時に起こりやすい
・5分~半日続く
(以上はありがちな症状。人によって当てはまるものは異なりますし、違った症状が出る場合もあります)

 

女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因なのではと言うことです。エストロゲンは、血管を拡張させる作用がありますが、落ちてくると血管が収縮しやすくなり、ストレスや寒さでキュッと心臓がなる感じなのだそうです。

 


行き場に悩むあなたの女性外来 〈部分〉ではなく〈全体〉を治す [ 天野恵子 ]

 

微小血管狭心症の治療法

閉経前後に起きやすいと言うことで、更年期が終わると共に症状も落ち着く、自然に治るという人も多いのだそうですが、治療法もあるそうです。

 

微小血管狭心症の治療薬:カルシウム拮抗薬

 

カルシウム拮抗薬には、微小血管を広げる作用があるそうです。血管をあらかじめ広げておくことで、狭心症の症状が出ないようにするそうです。
毎日1錠飲むことで楽になった人もいるそうです。

 

日本循環器学会:www.j-circ.or.jp

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です