隠れ糖尿病の原因と予防の方法をあのニュースで得する人損する人で紹介しました。日本の成人の4人に1人は糖尿病・糖尿病予備群だということです。さらに、怖いのが隠れ糖尿病だと言うことです。隠れ糖尿病は、健康診断では分からないケースがあるのだそうです。

 
Wコロンの木曽さんちゅうは、1年前の健康診断では糖尿病ではないと診断されていたそうですが、今回、番組の検査で隠れ肥満と診断されました。糖尿病患者の割合は、男性に多いと思われがちですが、男女ともほぼ一緒だということです。

 

スポンサードリンク

 

隠れ糖尿病は、糖尿病と糖尿病予備軍との間の状態だと言うことです。隠れ糖尿病が分かりにくいのは、通常の健康診断では、空腹時血糖値によって糖尿病の可能性を判断しますが、隠れ糖尿病の場合は、食後高血糖になっているということです。

 

 

1.隠れ糖尿病の原因

・早食い・・・早食いは急激に血糖値が上昇してしまう。
他にも、ドカ食い、ながら食い、気兼ね食い、ストレス食い、食事を抜く、夜間の大食も原因のひとつだと言うことです。

 

2.隠れ糖尿病の予防法

・隠れ糖尿病を予防するには、よく噛んでゆっくり食べること。また、食物繊維を多く摂ると良いとのこと。
野菜・海藻・きのこ・こんにゃくのような繊維の物を多く食べると言いそうです。

 

食事の食べ方は、「ベジファースト」がいいそうです。つまり、食物繊維の多いものからよくかんでゆっくり食べる、食べる順番の方法で血糖値の急上昇を防ぐと言いそうです。
食物繊維(野菜)⇒ たんぱく質(肉など)⇒ 炭水化物(ご飯など)

 

食べる順番ダイエットがブームになったことがありましたね。まずは野菜から食べるようにすれば健康的にダイエットもでき、糖尿病の予防にもなるということですかね。でも、最後、ご飯だけってきついですよね。ご飯は食べなくていいようだけど、ご飯は日本人の主食だから、やっぱり毎日食べたいんですよね。とりあえず、野菜から食べていますが・・・。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です