昨夜から話題になっていた、エボラ出血熱感染疑いの日本人男性は陰性でした。あわやエボラついに日本上陸か!?と思いましたがとりあえず安心しましたね。東京・羽田空港に27日午後に到着した40代の男性に発熱の症状があったことから東京都新宿区の国立国際医療研究センターに搬送し、エボラ出血熱のウイルス感染の有無を検査していました。

 

エボラ出血熱は、エボラウイルスによる感染症で感染すると、2~21日(通常は7~10日)の潜伏期の後、突然の発熱、頭痛、倦怠感、筋肉痛、咽頭痛等の症状を呈します。次いで、嘔吐、下痢、胸部痛、出血(吐血、下血)等の症状が現れるそうです。現在、エボラ出血熱に対するワクチンや特異的な治療法はないという。

 

スポンサードリンク

 

▼エボラついに日本上陸か リベリア滞在の40代男性羽田に入国

45歳の男性ジャーナリストはカナダ国籍で、エボラ出血熱の取材で8月18日からリベリアに約2カ月間滞在した後に、ベルギーを経由し、ロンドン発全日空278便で27日午後3時35分ごろ羽田空港に到着した。男性は到着時に37・8度の熱があった。その後、新宿区にある国立国際医療研究センターに搬送された。

 

西アフリカのリベリアでは、エボラウイルスへの感染、もしくは感染の疑いがある患者は4665人に上り、このうち、およそ58%に当たる2705人が死亡しています。

 

▼エボラ熱、水際対策強化=流入阻止困難も―厚労省

38度以上の発熱などの症状があり、潜伏期間の21日以内に患者の体液などへの接触歴があれば、検疫法に基づき隔離措置が可能。接触歴がなくても、コンゴを除く3カ国の滞在者には21日間、体温や健康状態を毎日2回報告するよう義務付けている。

 

感染やその疑いのある人は1万人以上になっているようです。そのうち5千人近くの人が死亡しているそうです。日本ではエボラ熱よりデング熱のほうが身近に感じていましたが、怖さが身近に感じられました。

 

富士フィルムの「アビガン®錠(ファビピラビル)」がマウス実験においてエボラウイルスに対して抗ウイルス効果を有するとの結果が公表され緊急対応として投与され注目されているようです。エボラ熱の救世主になるといいのですが・・・。日本に広まらないことを願います。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です