銭の戦争、第7話、「難攻不落!宿敵の大金を奪え!加速する愛憎の行方…父の死に衝撃事実が」が今夜放送されます。銭の戦争は、韓国の人気コミックが原作。草なぎ剛演じる白石富生が多額の借金で転落しながらも、「俺の人生と親父の人生…金で失くしたもの全て、…金で取り戻す!!」と自ら金貸しとなってはい上がっていく姿を痛快に描いたドラマ。

 

第7話からは、恩師の娘・未央役の大島優子と、元カノ・梢役の木村文乃との恋愛関係に目が離せなそうです。金に翻弄された富生の復讐劇だけではなく、富生を取り巻く2人の女性との、愛憎入り交じる複雑な恋愛模様も魅力の一つだということです。

 

スポンサードリンク

 

未央は、富生に多額の借金を肩代わりして助けられた事を機に、富生の優しさとその裏に潜む、危険な一面に触れれば触れるほど、惹かれていく。一方、梢は、婚約者だったにも関わらず、多額の借金を抱えた富生から一方的に突き放され、婚約破棄を余儀なくされてしまった理不尽と戦っていた。

 

第7話では、赤松の隠し金庫を見つけて大金を奪うのか・・・。予告では、警察が来ていたような・・・。じつは、富雄は赤松の隠し資産を告発したとか?

 

 

 

 

富雄の優しさやお金への恨み、お金への執着心など、まだまだ読み取れない行動ばかりで興味を引きます。毎週楽しみにしているドラマの一つとなりました。富雄の師匠でホームレスの金貸し紅谷は、富雄に金の虜になるなよと告げているが、毎回お金のとりこになってしまったのか?と思わされるが、賢く立ち回っています。

 

今回は、赤松の隠し金を奪ってお金の虜になってしまうのか・・・・?そして、気になるのが未央と約束した、借金の担保。担保は未央の「良心」だった。「いつかその良心で俺を助けて欲しい」と言った富雄は、もしも、じぶんがお金の虜になってしまった時のことを考えてのことなのか、気になります。今夜も見逃せません!!

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です