タグ: 作り方

いり酒の作り方と効果チョイ足し術鈴木好次あさイチ

いり酒の作り方と効果チョイ足し術があさイチで紹介されました。しょうゆが普及するずっと以前、室町時代から使われているという、日本酒を使った伝統調味料だと言ういり酒。いり酒は、日本酒に削り節、昆布、梅干しを入れて5分煮込んで作る調味料で煮びたしやお吸い物、ブリの照り焼きなどに使うととても簡単においしく作れるそうです。

 

いり酒は、くせは少ないけれど、うまみが強く、色もうすいため、素材本来の味や香り、色合いをひきたててくれる和食にぴったりの万能調味料だという。いり酒の作り方を、有名レストランガイドで11年連続で星を獲得し続けている日本料理店店主の鈴木好次さんが教えてくれました。

 

(さらに…)

超簡単麹の甘酒の作り方と効果サタデープラス

超簡単麹の甘酒の作り方と効果がサタデープラスで紹介されました。甘酒も米麹で作られているのでしょうゆ麹と同様に腸内環境と美肌にも効果的だということです。甘酒は、飲む点滴といわれるほど栄養価の高い食品です。

 

甘酒には、2種類あり酒粕をお湯で溶いて砂糖で甘みをつけたものと米麹を50~60℃のお湯で糖化させて麹の力だけで甘くしたものがあります。しょうゆ麹と同様に米麹で作った甘酒は、発酵食品の一つなので腸内環境を整える効果があり、麹菌が悪玉菌を減らして善玉菌を増やすので体内の活性酸素が減りそれが美肌へとつながるそうです。

 

(さらに…)

しょうゆ麹の作り方と効果サタデープラス

しょうゆ麹の作り方と効果がサタデープラスで紹介されました。前回は、酢しょうがでしたがが今回は、凄い調味料ということで「しょうゆ麹」でした。しょうゆ麹は、血管と肌が若返ると言われている万能調味料でさらに、中性脂肪・コレステロールを減らしてくれる働きもあるそうです。

 

しょうゆ麹は、前に流行った塩麹に比べてうまみ成分が10倍と言われています。しょうゆ麹を料理に使えば、塩分が半分で済むという。普通のお醤油の代わりに使えば、塩分量を約40%もカットできるそうです。また、麹は発酵食品なので、酵素の力で腸内環境を整えてくれるので便秘の解消になり、お肌の若返り効果にもつながというのです。

 

(さらに…)

冷やごはんで簡単ホワイトソースの作り方アレンジレシピ武田真由美得する人損する人

冷やごはんで簡単ホワイトソースの作り方とアレンジレシピが、あのニュースで得する人損する人【坂上忍の“あのお役立ちテクって得ワザ!?損ワザ!?”】で紹介されました。余った冷やごはんを使えば、5分間で簡単にホワイトソースを作る事が出来るそうです。

 

ホワイトソースって、手間がかかる上、ダマになってしまったりしますね。ダマにしないためには、地道な作業を10分ほど繰り返さないとおいしいホワイトソースはできないですよね。でも、冷やごはんの達人、武田真由美さんによると、冷やごはんを使った方法なら、誰でもわずか5分で失敗することなくホワイトソースが作れるという。

 

(さらに…)

赤しそ酢ドリンクの作り方と効果

赤しそ酢ドリンクの作り方と効果について。今年も、赤シソドリンクを作る季節になりました。梅を赤くする赤しそのお酢ジュースがあざやかな色で、夏にとっても涼しげなんです。今年も、家庭菜園で赤しそを作りましたので、夏ばて予防に赤シソのお酢ドリンクを作りたいと思います。

 

随分昔に、お友達の家で手作りの「赤シソジュース」を頂いたことがあって、とっても美味しくて、いつか作ってみたいと思っていました。そのときのジュースは、赤シソ酢ジュースでした。

 

(さらに…)

おにぎらずの作り方握らないおにぎりあさイチ

おにぎらずの作り方、握らないおにぎり”おにぎらず”が、今ネットを中心に話題になっているとあさイチで先週紹介されてから気になっています。特に、恵方巻きを食べてからいっそうおにぎらずの具に興味が出てきました。

 

おにぎりも大好きなのですが、具が少ないので、お弁当にもっていくには、おかずを作らなくてはならないので・・・。おにぎらずなら、汁物があればよさそうだなと思いました。恵方巻きのシンプルな具なら、おにぎらずの具にしても美味しそうだなとおもいました。

 

(さらに…)