むくみ血液の病には豚肉メニュー渡辺信幸林修の今でしょ講座豚肉VS鶏肉

むくみ・血液の病には、豚肉メニューがいいと渡辺信幸先生が林修の今でしょ講座「豚肉VS鶏肉食べ分けて健康に!」で紹介しました。

 

むくみは、血液中のたんぱく質が少ないと血管から水分が染み出しすぎて起こってしまう症状。この水分量を調節してくれるのが、血管の中にある「タンパク質」だということです。

 

スポンサードリンク

 

むくみ

むくみが起こる原因としては、血管と細胞の間に水がたまることと体に老廃物がたまること。
・「タンパク質」の不足
・「ビタミンB1」の不足

 

豚肉には「タンパク質」が多く含まれているので、豚肉を食べることで、むくみの発生をおさえることができるそうです。むくみの改善に効果的なメニューは、「豚肉のしょうが焼き」だということです。

 

<ポイント>
しょうが焼きに、玉ねぎをプラスすること。
玉ねぎに含まれる、「硫化アリル」という成分がビタミンB1の吸収を助けてくれます。
また、しょうがには発汗作用があり、水分を体外へ出してくれるのでむくみに効果的とのこと。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】平田牧場おいしい豚肉料理 [ 平田牧場 ]

 

血管の病

血液の病の原因は、動脈硬化、つまりどろどろの血液のせいで血管が細くなりつまりやすくなるそうです。豚肉のポークペプチドは血栓を溶かす働きがあるそうです。そしておススメのメニューは「スブタ」だという。また二日酔いにも効果的だという。

 

ポークペプチドはそのままの豚肉には含まれなく、パイナップルなどのパパインと合わせることで生まれるそうです。この「ポークペプチド」は、血液の中の血小板がかたまるのをおさえ、血栓を溶かす働きがあり、脳卒中をはじめとした血管の病には有効なんだそうです。
<パパインを含む食材>・・・キウイ、パイナップルなどのフルーツ。

 

ポークペプチドを効率よくとれる料理法は、パイナップルジュースに豚のもも肉を浸けてから調理すること。また、パイナップル入りの”スブタ”がいいそうです。

 

パイナップル入り酢豚、家族であんまり好きじゃあないです。パイナップルジュースに、豚肉を浸して、ステーキでたべてもいいようなので、こっちなら食べれるかもしれません。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました