ドローイン腰痛型肥満ダイエットゲンキの時間

ダイエット方法・健康法

ドローイン、腰痛型肥満ダイエットが健康カプセル!ゲンキの時間で体幹チェック法と木場式ドローインが紹介されました。腰痛を治せば肥満も解消できると言うことです。

 

運動不足になると、体幹が弱くなり腰痛を引き起こすリスクが高くなるそうです。そして、腰痛になると運動を控えるようになり、運動不足になり体重も増え肥満になるというのが、腰痛型肥満だということです。

 

スポンサードリンク

 

この腰痛型肥満の悪循環から抜け出すには体幹を鍛えるのがいいそうです。腰痛の人でもできる体幹を鍛える運動が木場克己トレーナーの体幹トレーニングだということです。
体幹=筋肉のコルセット⇒脊椎が正しいカーブとなり腰痛が激減、代謝も上がり肥満も改善される。筋肉のコルセット=体幹トレーニング
自宅で簡単!体幹チェック法

マットや座布団など適度に柔らかい物を用意します。
マットなどの上で3秒かけて両手を前に伸ばし片足を上げ10秒間キープします。
このときふらついてしまう人は、体幹が弱いということです。

 

木場式ドローイン体感トレーニング

ドローインは、腹式呼吸という呼吸法で腹部の筋肉を刺激する体幹トレーニングです。
<ドローインの基本>
・鼻から息を吸いお腹を膨らませる
・口から息を吐きお腹をへこませる
日本航空のアテンダントがフライト前に行っているそうです。

 

<木場式ドローイン>

ポイント1.腰に負担がかからないよう寝て行う

<やり方>
①仰向けになりヒザを立てる。
②3秒間鼻で息を可能な限り吸いお腹を膨らませる。
③3秒間で口から息を吐きながらお腹を凹ませる。
10回1セットとして1日3セット行う。

 

ポイント2.どこの筋肉を鍛えているのかイメージする

体幹部の代謝が上がることでポッコリお腹が改善できるそうです。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】木場克己が教えるおなかやせ体幹ダイエット30DAYS [ 木場…

 

体幹が鍛えられポッコリお腹も改善しダイエット効果も期待できるという木場式ドローインを3週間行った小井沼玉樹さん(当時54歳)は、体重が3kgも減ったそうです。

 

<ダイエット前>      <3週間ダイエット後>
体重      77.6kg  →  74.4kg(-3.2kg)
お腹周り    97.5cm  →  89.0cm(-8.5cm)

 

ドローインは、座って行っても立って行ってもよいそうです。さらに、いつでもどこでも気軽にできるところが1番の利点だということです。
腰痛型肥満の方は、木場式ドローインで腰痛が改善されてきたら、他の有酸素運動や体幹トレーニングを行い、体幹をさらに鍛えるといいそうです。

 

最近ドローインのダイエットが話題になりますね。やり方はいろいろですが、木場式ドローインは3秒だから気軽にできそうですね。鶴太郎さんの究極のドローインもいいですが、早すぎてやっぱり上級編だなと感じました。

 

~関連記事~

▼ドローインダイエットお試しかっ!ウエストダイエット壁押し肘立てドローインタカ
▼片岡鶴太郎の究極のドローインダイエット複式呼吸法あさイチ

nbsp;

コメント

タイトルとURLをコピーしました