フレーバー緑茶中性脂肪を抑えるしそ緑茶の作り方ためしてガッテン!

フレーバー緑茶や中性脂肪を抑えるしそ緑茶の作り方エスプレッソ氷水出し緑茶の作り方もためしてガッテン!「夏こそ!スーパー緑茶 新カテキンで免疫力が復活!」で紹介されました。

 

いま世界中で大ブームになっている「フレーバー緑茶」や、中性脂肪を抑える新しい「しそ緑茶」が簡単に家庭で作れるのは嬉しいですね。

 

スポンサードリンク

 

エスプレッソ氷水出し緑茶の作り方

1.煎茶10gを急須に入れ、氷水40mlを加える
2.およそ5分(銘柄などによって多少前後します)待って、茶こしを使って湯飲みに注ぐ

 

中性脂肪を抑えるしそ緑茶の作り方

スーパー緑茶(1杯分)

<材料>
煎茶 1g   青じそ(大葉) 2枚

<作り方>
1.煎茶をすり鉢に入れる
2.青じそを手で細かくちぎって、すり鉢に加え、お茶と青じそがペースト状になるまですりつぶす
3.2.を30分~60分ほど室温で放置
4.すり鉢にお湯を加え1分待つ
5.茶こしを使って湯飲みに注ぐ

 

≪ 氷水出し茶におすすめ≫濃厚な旨みがありコク豊か香り豊かなお茶です。【メール便送料無料】…

 

フレーバー緑茶の作り方

※煎茶とお気に入りの素材を準備する

<アレンジ用の材料(番組で紹介した例)>
(スパイス類)さんしょう、こしょう、シナモン、サフラン、唐辛子、ローズマリー
(ハーブ類)バジル、パセリ、ミント、青じそ
(果物の皮)ブドウ、桃、夏みかん、すだち
(ドライフルーツ)干しブドウ、干しいちじく、干しリンゴ、干しマンゴー、 干しあんず、干しリンゴ、干しレモンなど
(そのほか)あられ、切った昆布、乾燥ひじき

 

<作り方>(基本的には好きな食材を加えるだけです)
1.煎茶の量は普通にいれる時と同様
2.お好みの食材を急須に入れる
※1~2種類からためしてみましょう。あまり多種を混ぜると味のバランスが悪くなります
※スパイスや香りの強いすだちの皮などは、ごく少量にする
※ハーブ類は、湯飲みに注いだ後に加えてもよい
3.70~80度のお湯で30~40秒いれる
※ポットのお湯を、一度湯飲みに注いでから急須にいれると、適温になります

 

フレーバー緑茶with果物氷&炭酸の作り方(1杯分)

<材料>
氷水出し緑茶  炭酸水  冷凍した果物(いちご、巨峰、ラズベリーなど)

 

<作り方>
1.氷水出し緑茶をグラスの6~7分目程度まで注ぐ
2.炭酸水を少量(内容が7~8分目程度になるまで)注ぐ
3.冷凍した果物1個をそっと入れる

 

古くなった煎茶withフルーツ

<材料>
少し古くなった煎茶(保存しているうちに香りがとんだもの)
(ドライフルーツ)干しブドウ、干しいちじく、干しリンゴ、干しマンゴー、干しあんず、干しリンゴ、干しレモンなど

 

<作り方>
1.フライパンをあたためたあと、古くなった煎茶を入れ、弱火で30~60秒かけて木べらで混ぜる
2.火を止め、刻んだドライフルーツを少量入れる
※バニラエッセンスなどを1~2滴加えてもよい
3.さらに混ぜてなじませる
4.急須に入れ、普通にお湯加えてお茶をいれる

 

 

~関連記事~

▼スーパー緑茶で免疫力が復活氷水出し緑茶の作り方ためしてガッテン!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました