急激なダイエットとリバウンドで脂肪肝に肝臓に優しいダイエット方法ためしてガッテン!

急激なダイエットとリバウンドで脂肪肝になると、ためしてガッテン!”まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇”で紹介しました。なぜかダイエットをすると、肝臓に脂肪がたまってしまい、糖尿病の危険が高まったり、肝硬変や肝臓がんの危険性まで出てしまうというのです。肝臓に優しいダイエット方法とは・・・。

 

ダイエット成功者の肝臓がパンパンになっているという。肝臓がパンパンというのは、肝臓に脂肪がついて「脂肪肝」になってしまうことだという。肝臓は体のエネルギーを脂肪の形で蓄えてくれる臓器です。たくさん食べると血液中にエネルギーがたくさん増えてしまい、肝臓が余ったエネルギーを回収して脂肪として蓄えます。この状態が長く続くと脂肪肝になっていくそうです。

 

スポンサードリンク

 

逆に、急激なダイエット急激をすると、飢餓状態だと感じて全身の脂肪細胞や筋肉からエネルギーを放出します。すると、筋肉が痩せて減少し、代謝も落ちてしまい体が消費するエネルギー量が落ちます。その結果、ダイエットのつもりでも、肝臓に脂肪が溜まりやすい状態になってしまうというのです。

 

さらに、ダイエットの後で食べ過ぎてしまうと、脂肪が溜まりやすい状態に更に食事の栄養が入ってくるので脂肪肝が進行すると考えられています。

 

「「急激なダイエットで肝臓に脂肪がたまり、リバウンドでさらに肝臓に脂肪がたまる」」

 

肝臓に優しいダイエット方法

肝臓に優しいダイエットの目安は、「半年で10kg減」程度のゆるやかなダイエット!!

・女性や通常の体格の方ならひと月で2kg減くらいまで。
・大柄な方でもひと月で3kg減くらいまでにとどめる。
※すでに大幅な減量をしてしまったという人は、今の体重をキープするのが大切。
運動などを併用し筋肉を増やすようにすると効果的。

 

健康ダイエット 肥満が招く11の病を防ぐ【電子書籍】

 

短期間での脂肪肝撃退法

脂肪肝を治すには、まずはゆっくりと体重を減らしていくことだというのです。半年から1年をかけて体重の7~10%を落とすと脂肪肝が改善と考えられています。

 

<具体的方法>
1.運動(ウォーキング)・・・・1日30分程度のウォーキングが有効。早歩きも取り入れると更に効果アップ。
2.食事・・・・食事の量を少し減らす。極端に量を減らしたり、一つの食品だけを食べ続けるのは体に負担がかかるので要注意。
3.睡眠・・・・最低でも6時間は寝る。夜更かしは厳禁。寝ている間に脂肪が燃焼モードに変わります。寝る前に食事をするのは要注意!脂肪がへりにくくなる。

 

夜遅い食事をしちゃいけないんですけども、夜食事を早めにしてゆっくり睡眠をとるという事によって夜間まず交感神経が緊張がとれて非常にリラックスできる。寝てる間に肝臓に溜まった脂肪が脂肪組織とか筋肉とか心臓が使う。そういう意味で肝臓から脂肪が夜に出やすいのだそうです。

 

私たちの体は昼と夜でモードが切り替わってるそうなんです昼間は脳が一生懸命働かないといけないんですけど脳は糖を栄養に使います。そのために昼間は糖をエネルギーにするモードになってるんです
それが夜寝た途端に脳が休むと、脳がほんのちょっとしか糖を使わないので、体全体として脂肪をエネルギーに使うモードに切り替わるそうです。

 

ダイエットは、1ヶ月に2~3kgまでにすると、肝臓からっ脂肪が少しずつ減っていくそうです。
「慌てるな 急に痩せたら 脂肪肝」
急激なダイエットは、肝臓にダメージ大、緩やかなダイエットが大事!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました