漢方薬葛根湯芍薬甘草湯五苓散加味逍遥散は医師がプライベートで使いたい新見正則林修の今でしょ!講座

ダイエット方法・健康法

漢方薬の葛根湯、芍薬甘草湯、五苓散、加味逍遥散は、医師がプライベートで使いたい「漢方薬」だと帝京大学医学部附属病院准教授の新見正則先生が林修の今でしょ!講座の「西洋医がプライベートで使いたい漢方薬講座 」で紹介しました。風邪・インフルエンザ・こむらがえり・二日酔い・子どもの症状・更年期障害・自律神経失調症・女性のイライラなどに効果的だということです。

 

漢方薬は、生薬と呼ばれる植物や動物、鉱物などの天然素材を組み合わせた薬で、さまざまな症状を治す可能性のある生薬が何種類も集まって出来ているそうです。2種類以上のいろんな生薬を足して病気を治そうという足し算の知恵なんだとか。なかには、牡蠣(カキの殻)・竜骨(大型哺乳動物の骨の化石)もあるそうです。

 

スポンサードリンク

 

西洋医学の医者が選ぶ最強の漢方「四天王」は、葛根湯、芍薬甘草湯、五苓散、加味逍遥散なんだそうです。川柳でしょうかいしました。

 

●かぜにでもどんなときにも葛根湯

かぜの初期症状に効果的
葛根湯に含まれる麻黄という生薬がかぜやインフルエンザ対策になる
葛根湯の効能・・・かぜ インフルエンザ 腰痛 肩こり 扁桃炎 急性胃腸炎 中耳炎
ひざ痛 筋肉痛 月経痛 胃痛 下痢 頭痛 に効果的な万能薬

 

葛根湯は、体を温めるという7種類(葛根・麻黄・桂皮・芍薬・甘草・大棗・生姜)の
スーパー生薬が合体してできているそうです。
麻黄湯(まおうとう)・・かぜなどの熱が出る症状の改善に期待
麻黄・・体の中の熱を上げる⇒汗をかきやすくなる

 

漢方薬⇒免疫機能を上げる応援団
西洋薬⇒病気の原因を直接倒すスナイパー

 

●筋肉がけいれんしたら芍薬甘草湯

芍薬甘草湯の効能・・・筋肉痛 月経痛 腰痛 肩こり 胃痛に効果的
芍薬に筋肉の緊張を緩和する作用があるのではないかといわれている
漢方薬に効果の差がある理由は、漢方薬を分解する役割は腸内細菌

 

保険適用の漢方は約150種類ある
病院で処方されると月々平均1000円程度
漢方薬には副作用があるが、まれに重篤な副作用もある
漢方薬は、薬局で処方せんがなく買える薬の危険性と同じだということです。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】本当に明日から使える漢方薬 [ 新見正則 ]

 

●二日酔いお任せ下さい五苓散
●子どもにはどんなときにも五苓散

五苓散は二日酔いの特効薬
五苓散の効能・・・二日酔い めまい むくみ 下痢 かぜ 内臓のムカムカ 頭痛 胃痛 急性胃腸炎に効果的
余分な体の水分を排出する効果が期待

 

桂皮の効能・・・鎮痛・解熱の効果が期待 気持ちを落ち着ける効果が期待
猪苓 茯苓 蒼朮 沢瀉・・・水のアンバランスを治す
水のアンバランスとは、脚のむくみなど体の一部に水が偏ってしまう状態
人間の体は大人は約60%、子どもで約65%が水で出来ている
五苓散が子どもに期待できる症状:急性胃腸炎(嘔吐・下痢・口渇など)

 

●イライラに女性の味方加味逍遥散

加味逍遥散は、更年期障害や自律神経失調症の改善に期待
加味逍遥散の効能・・・更年期障害 自律神経失調症 冷え性 頭痛 ひざ痛 肩こり 便秘 しもやけに期待
柴胡・・精神安定・解熱効果に期待
当帰・・血流を改善する効果が期待

 

更年期障害とは、閉経といって生理がなくなる年齢がある。その前後の変化を更年期障害と呼んでいるそうです。

 

自律神経失調症とは、体の中に交感神経・副交感神経があって、自分が考えなくても良い機能を勝手にやってくれている神経。
今の医学でわからない病気はすべて自律神経失調症にいく可能性がある=ゴミ箱診断

 

漢方薬との正しい付き合い方

西洋薬を最初に使って困った場合に昔の知恵を使う
漢方薬という選択肢があると試してみれば
漢方薬を求める時は、お医者さんや薬局の薬剤師さんに相談してね

 

~関連記事~

薬の怖い飲み合わせ!ジュース牛乳グレープフルーツお酒納豆上村直樹林修の今でしょ講座
肌荒れ対策炭酸風呂鮭皮コラーゲンかき鍋馬渕知子林修の今でしょ!講座

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました