炭水化物ダイエット成功のコツ空腹知らずでダイエット効果UP

ダイエット方法・健康法

炭水化物ダイエット成功のコツさえ押さえれば、空腹知らずでダイエット効果がアップするそうです。炭水化物ダイエットと言えば、炭水化物を食べないダイエットと言うイメージが大きいですが、炭水化物はもっとも多く使われるエネルギー源です。~ダイエット効果UP!空腹知らずの炭水化物ダイエット~の記事です。

 

炭水化物が不足するとエネルギーをつくり出せなくなり、代謝の悪い体になりなるそうです。わたしたちは、炭水化物を多く取り過ぎているのでは・・・。だからと言って、炭水化物を減らし過ぎてもダイエットできないそうです。

 

スポンサードリンク

 

今まで「炭水化物ダイエットには炭水化物を食べなければいい」と思っていた人も多いのでは?

炭水化物の重要性がわかったところで、まずはついついやりがちな、カン違いをチェック!

 

炭水化物ダイエットのやせないカン違い

パンの枚数を減らしても、早食いだと消化吸収が早く、血糖値の急上昇を招くそうです。また、ヘルシーそうだからと選んだパスタランチのセットも、パンがついていると炭水化物のとり過ぎになります。

 

最近では、食べる順番ダイエットも流行したとで、野菜を最初に食べる人も増えたと思いますが、主食を最初に食べるのは、血糖値が跳ね上がり太りやすい食べ方です。炭水化物ダイエットで一番やってはいけないのが、主食を抜くことです。

 

「食事で満足感を得るには、ボリューム感のある主食が不可欠。主食抜きは空腹によるストレスを招くため長続きしません。満足感キープのためには、減らす主食量は20%を目安にしましょう。また、白米より玄米、食パンよりライ麦パンなど、かみごたえのある主食を選ぶのもポイント。よくかむことで満腹中枢が刺激されるうえ、ゆっくり消化吸収されるため、血糖値の上昇もゆるやかになります」(貴堂先生)

 

同じ食事でも血糖値の上昇をゆるやかにするテクニックが、食べる順番ダイエットで野菜や肉・魚などのおかずを先に食べ、ごはんなどの主食を最後に食べる方法です。

 


低炭水化物ダイエットへの警鐘 [ T.コリン・キャンベル ]

炭水化物ダイエット成功のコツ

1.主食の炭水化物量を20%減らす
2.かみごたえ主食を選んで早食い防止
3.汁物や野菜を先にし、主食は最後に食べる(食べる順番ダイエット)

 

ご飯は、1食につき20%減らすだけでも、十分ダイエット効果があるそうです。満足感キープのため、混ぜごはんなどでかさ増しするのもいいそうです。混ぜごはんなら、減らした感もなく、美味しく食べられますね。

 

また、主食は、ペンネ、玄米ごはん、雑穀ごはん、ベーグル、ライ麦パンなどにすると、かむ回数が増えるため、自然と早食いが抑えられ血糖値の急上昇を防げるそうです。食べる順番ダイエットは、汁物→野菜→肉・魚→ごはんの順番です。

 

食べる順番ダイエットは、最後にごはんを食べることで、炭水化物の量が減らせると言うものですが、おかずも汁物も食べきってからのごはんは辛いものです。とりあえず、最初に野菜から食べて、主菜を食べながらごはんでもいいようなので、我が家では、こちらを行っています。まずは、野菜・汁物から食べています。また、食事と一緒にお酢を飲むのもいいそうですよ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました