熊田式ボディメイク姿勢を正せば美ボディ熊田曜子ロンドンハーツ

熊田式ボディメイク、姿勢を正せば美ボディ。熊田曜子さんのボディメイクの方法が、ロンドンハーツで「ボディメイクにこだわる女たち!」として紹介されました。熊田曜子さんの自慢のパーツは、やっぱり”くびれ”です。

 

産後10ヶ月で2児の母でありながらも、くびれまくってる。熊田さんのくびれは、母乳のおかげでもあるそうです。産後10ヶ月でグラビア復帰。ダイエットの秘密は姿勢の良さにあるという。35歳で、産後なのにこの体型をキープしてるのはすごいですね。

 

スポンサードリンク

 

熊田式ボディメイク

★「姿勢を正せば美ボディ」
★「腹筋ゼロでくびれ」

 

姿勢が悪いと腹筋も背筋も使わないので楽ですが、その分脂肪もつきやすく骨盤も歪みだらしない体になるという。ダイエットの秘密は姿勢の良さだと言うのです。熊田さんが良い姿勢をレクチャーしてくれました。

1.ヒザと足先は付ける。
2.イスは浅く座る。
3.頭が真上に引っ張られるイメージ。(1本の線が入っていると思って)・・・すると背筋も伸びる。

 

簡単!熊田的愛されボディメイク [ 熊田曜子 ]

 

デビューしてから腹筋は一回もしていないが、くびれているのはこの座り方のおかげだそうです。本当に日常でも姿勢を崩さないのか様々な状況で検証しました。

 

●ビーズクッション・・・・ビーズを後ろにし固めのクッションにして、良い姿勢をキープ。背筋は常にまっすぐ。
●スマホをいじる時も・・・目の高さまでスマホを持ってきて姿勢を崩さない。
●本を読むとき・・・・椅子に浅く座り、ポーチで本の高さを調整し姿勢をキープ。
●畳では・・・・・壁に背中を付けて背筋をまっすぐにしていた。

 

常にきれいな姿勢をしていたのでした。ボディメイクするために出かけたりお金をかけるより、普段の生活で取り入れる方が自分に合っていると言うことです。

 

赤ちゃんを抱っこするときも手をひっくり返したりして抱いてると言う。腕の筋肉を使う部位が違うという。二頭・三頭・二頭・三頭筋・・・・。口元やアゴ周りのケアも、スマホを使うとき目線の高さで行うそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました