片岡鶴太郎の究極のドローインダイエット複式呼吸法あさイチ

ダイエット方法・健康法

片岡鶴太郎さんの究極のドローインダイエットがあさイチで紹介されました。ドローインでぽっこりお腹ダイエットができるとお試しかっ!でも「タカ」さんが実践して話題になりました。究極のドローインは、ドローイン+呼吸法で代謝アップと息切れ知らずの体が手に入れられるというスゴ技だということです。

 

この、究極のドローインを2年間やって片岡鶴太郎さんは、-2kgのダイエットに成功し、ウエストも-10cmのサイズダウンしたそうです。しかも、冷え性が緩和され疲れにくい体になり、便秘も解消されたということでした。

 

スポンサードリンク

 

究極のドローイン

究極のドローインとは、おなかを引っ込めるドローインで横隔膜をしっかりと動かし、腹式呼吸で深い呼吸をするというものです。つまり、ドローインプラス腹式呼吸だということです。

 

深い鼻呼吸をするには、狭い管に多くの空気を通す必要があり、そのためにはお腹の筋肉をしっかり使って横隔膜を押し上げなければならないとのこと。その結果、負荷の高い横隔膜トレーニングになるというのです。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】30秒ドローイン!腹を凹ます最強メソッド [ 植森美緒 ]

 

1.一般向け簡単ドローイン

横隔膜トレーニング

①片方の鼻でゆっくりと息を吸います。脳に酸素を行き渡らせるイメージで。
②逆側の鼻で息を吐きます。鼻を片方ずつつかうことで、両方の鼻で息がしっかりと通るようにします。
③次に両鼻で吐いて吸います。息を吐くときにお腹をへこませます。お腹を強く引き込み、その勢いで息を吐きます。下腹からえぐるようなイメージでポーンとだすように。強く息を吐くと強く息を吸えるので横隔膜に瞬間的に強いチカラがかかります。よって、横隔膜の負荷が大きくなるそうです。

 

2.上級編

横隔膜を鍛えるために呼吸のテンポを速くします。ポンポンポンと早くテンポよく行います。テンポが速い方が、トレーニング効果があるそうですが、早さにとらわれて呼吸が浅くならないようにします。お腹を使って深い呼吸にすることが大切だということです。

 

息を吸うには、口よりも鼻、両鼻よりも片鼻の方が負荷がかかるそうです。負荷がかかるとそれだけ肺の血管が開くそうです。血管が開くことで、それだけ深い呼吸ができるようになるとのことでした。テレビを見ながらでも、暇なときにでもするといいそうです。

 

~関連記事~

▼ドローインダイエットお試しかっ!ウエストダイエット壁押し肘立てドローインタカ

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました