肝臓に負担をかけないお酒の飲み方二日酔いの症状別対処法森山光彦健康カプセル

ダイエット方法・健康法

肝臓に負担をかけないお酒の飲み方二日酔いの症状別対処法を健康カプセル!ゲンキの時間「~年末年始!飲んでも飲まれるな!~肝臓をいたわりながら飲む方法」で紹介しました。悪酔いや二日酔いを予防することが期待できるというお酒にまつわるウワサを、東京都 板橋区 日本大学医学部附属板橋病院 森山光彦主任教授の元で徹底検証しました。

 

Q.二日酔いしやすいのはどれ?
A.熱燗  B.冷酒  C.変わらない
正解は「C.変わらない」
二日酔いは飲んだアルコール量で決まるという。

 

スポンサードリンク

 

●飲む前に牛乳を飲むと胃に膜が張り悪酔いしない?

牛乳には悪酔いを防ぐ効果があるそうです。牛乳の幕でアルコール血中濃度の上がりが遅くなるからではないかということです。さらに、牛乳効果を上げるには、BCAAを含み食品と一緒に摂ることが重要だということです。

BCAA・・・肝臓でのアルコール分解を促進するアミノ酸の一種。
牛乳を飲んだあとに、マグロ、豆腐、ヒジキ、鶏むね肉などと一緒に飲めば、悪酔いせず早くアルコールが分解されるそうです。

 

●シメの雑炊に二日酔い予防効果がある?

シメの雑炊やうどんを摂る事は二日酔いの予防になるそうです。アルコールが胃のぜん動運動を活発にするから飲んだ後、お腹が空くそうです。シメの雑炊は、太るイメージがあり敬遠されがちですが、炭水化物に含まれるブドウ糖はアルコールの分解を促進する効果があるそうなので、お茶碗1杯程度の雑炊ならおススメだということです。

 

●強い酒と水を一緒に飲むと二日酔いになりにくい?

二日酔いになるポイントはアルコール量なので、二日酔いになりにくいというウワサはうそなんだそうです。しかし、強い酒を少量でも飲むと胃の粘膜が剥がれ出血した状態(点状出血)になることで、翌日アルコールが抜けていても胃の不快感、頭痛などの「二次的二日酔い」の原因になるそうです。強いお酒を飲む⇒胃や食道が荒れる⇒胃のムカムカや胸焼け

 

●妻や上司の顔を想象すると酔わない?

自律神経の交感神経が優位になり、脳が酔いを感じにくくなっているのではないかということです。

 

●アルコールにウコンの効果は?

ウコンについてはクルクミンが肝臓の働きを助けアルコールの分解を促進するということですが、大量に飲んだ場合は効果が薄れてしまうとのこと。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】だれでもわかる肝臓病と肝臓強化法 [ 主婦の友社 ]

 

二日酔いの症状別対処法

アルコールは肝臓でしか代謝しないため、二日酔いの朝に風呂などで汗をかいても濃度は減らずむしろ命の危険すらあるという。二日酔いは、症状によって対処の仕方が違うそうです。

●酔い

まだよいが残っている場合には朝食を摂ること。肝臓にエネルギーを送り込む事でアルコールの代謝を活性化するそうです。

●脱水症状

スポーツドリンクを摂取する。体液の濃度に近いナトリウムやカリウムが含まれているため水よりも吸収が早いとのこと。

●胃のムカムカ

しじみのみそ汁が効果的だということです。ウリンが胃の調子を整えるという。ただし鉄分が多く含まれているため、肝臓に問題のある人は控えた方が良いとのこと。⇒鉄分が蓄積して肝臓に障害をあたえることがあるそうです。

●頭痛

コーヒーが効くそうです。カフェインの効果で血管を収縮し頭痛を和らげるそうです。ただし胃を刺激する作用があるため胃に問題のある人は控えた方が良いとのこと。

 

<寝酒>
寝酒は適量ならば問題ないそうです。

 

<毎日の飲酒一日の適量>
・ビールなら中瓶1本
・日本酒は1合
・ウイスキーならダブル1杯
これを超えた量を毎日飲むと肝臓に負担がかかり病気になる可能性があるとのこと。

 

今回の健康カプセルの成分

つまみ・シメ 対処して飲めれば 良いお酒
(レバー)

 

 

~関連記事~230455

薬の怖い飲み合わせ!ジュース牛乳グレープフルーツお酒納豆上村直樹林修の今でしょ講座

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました