肝臓脂肪肝対策鮭フレーク無謀なダイエットで脂肪肝冬の間に弱った肝臓を元気にする方法林修の今でしょ講座

肝臓、脂肪肝対策には鮭フレーク、無謀なダイエットで脂肪肝、冬の間に弱った肝臓を元気にする方法が林修の今でしょ講座、「腸と肝臓を元気にsp冬の間に弱った腸と肝臓を元気にするための1時間」で先週紹介されました。

 

肝臓が弱るのは、お酒の飲みすぎだけでなく、冬の食べすぎと運動不足も原因だということです。冬の肝臓は弱って、脂肪肝になっている可能性もあるという。食べすぎと運動不足によるものだということです。

 

スポンサードリンク

 

成人の3人に1人。突然死のリスクが35.8倍に。肝臓の働きは、栄養素を脂肪にして蓄える。冬の間に肝臓は脂肪だらけになっている可能性があるという。内臓脂肪と脂肪肝には決定的な違いがる。肝臓細胞が脂に置き換わる。脂肪肝の患者数は、この30年間で焼く3倍になっている。

 

無謀なダイエットをした女性が脂肪肝になっている可能性がある。無理なダイエットで痩せた人が脂肪肝になる理由は、タンパク質が不足して肝臓から脂肪が運び出せなくなるから。フルーツの果糖は、脂肪肝の脂となって溜まりやすいそうです。フルーツばかり食べてタンパク質をとらないと脂肪肝に、また、太ったときも痩せた時も脂肪肝になりやすいそうです。

 

肥満 高血圧 糖尿病 高脂血症⇒別名 死の四重奏
脂肪肝の人は、この4つがそろいやすいそうです。

 

名医の脂肪肝対策

1.高カロリーのものは、昼2時に食べる
脂肪を溜め込む指令を出すビーマル1が一番少ない時間
2.脂肪を溜めにくくする鮭フレークを食べる
鮭に豊富に含まれるDHA
DHA・・・中性脂肪の生成を抑える。脂肪の分解を促し脂肪を追い出す。

 

DHA以外にもう1つ大事なポイントがあるそうです。じつは、弱った肝臓には鉄分はよくない
弱った肝臓⇒鉄分のとり過ぎに注意。
DHAが多く、鉄分が少ない鮭は、弱った肝臓に良い。
鮭フレークは持ち歩けるので頻繁に食べれる。

 

脂肪肝をぐんぐん解消する!200%の基本ワザ 誰でもスグできる!

 

お酒を飲みすぎた時の対処法

1、飲む前に卵かけご飯を食べる

卵の中のアミノ酸が肝臓の働きを助けるから。
生のアミノ酸を取るう事が重要。
肝臓が弱っている場合⇒しじみの鉄分が悪影響を及ぼす可能性がある。

 

2.のんでいる時はお酒の量の1.5倍の水を飲む

お酒には利尿効果がある⇒脱水症状になりやすい
脱水状態になると血液の循環が悪くなり臓器に影響が出るという。
脱水によって牛菜笑える水分量をあらかじめとっておくことが重要。

 

3.飲んだ後は1時間でも長くおきておく

翌日の朝、お酒の抜け方がかなり違う。
寝てしまうと肝臓でのアルコール分解が遅くなる。
⇒翌朝元気でいるには、なるべくおきていたほうが良い。

 

肝臓は、お酒を飲む人だけでなく、食べ過ぎや運動不足、無理なダイエットでも脂肪肝になってしまうんですね。ダイエットで痩せたらいいってだけじゃダメなんですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました