胃がん名医の予防ごはんレシピウルトラにんにくオイルじゃが芋と玉ねぎのスープ10分緑茶キューブ白熱ライブビビット

胃がん名医の予防ごはんレシピ、ウルトラにんにくオイル、じゃが芋と玉ねぎのスープ、トマトの冷製パスタ、鮭と緑黄色野菜のにんにくヨーグルトソースがけ、10分緑茶キューブの作り方が白熱ライブビビット「ドクターズキッチン 名医の予防ごはん」で紹介されました。

 

日本人が一番発生しやすいがん「胃がん」。胃がんは食事習慣を変えるとリスクを下げることができるそうです。胃がん予防最強の食材は、「ニンニク」と言われているそうです。

 

スポンサードリンク

 

胃がん名医の予防ごはんレシピ

1.ウルトラにんにくオイル

<材料>(作りやすい分量)
にんにく  1個
オリーブ油 50ml
赤唐辛子  1本

 

<作り方>
(1)にんにくをすりおろし、オリーブ油を合わせ種を除いた唐辛子を入れて保存する。(冷蔵庫で約1か月保存可能)

 

2.胃にやさしい、じゃが芋と玉ねぎのスープ

<材料>(2人分)
[A]
じゃが芋 1個(正味120g)(5mm厚さのいちょう切り)
玉ねぎ 1/2個(正味70g)(薄くスライス)
水 100ml
鶏がらスープの素 小さじ2

調整豆乳 200ml

こしょう(白) 少量
にんにくオイル 小さじ2

 

<作り方>
(1)小鍋にAを合わせ、クッキングシートで落とし蓋をし、鍋の蓋もして、じゃが芋がやわらかくなるまで5分ほど煮る。
(2)(1)をつぶし、豆乳を混ぜる。
(3)(2)ににんにくオイルを加え、中火で3分ほど混ぜながら加熱する。
(4)こしょうで味を調える。

 

●基本、塩は加えませんが、どうしても味に物足りない場合は、
塩小さじ1/10程度加えて味を調える。減塩は段階を経て、少しずつ薄味に慣れていく事が大切。

 

3.トマトの冷製パスタ

<材料>(2人分)
[A]
フルーツトマト 3個(正味150g)
塩 小さじ1/3
にんにくオイル 小さじ1
オリーブ油 大さじ3

バジル 1枝(葉の部分を手でちぎる)
カッペリーニ 100g→極細パスタです。直径1.3mm
レモン スライス2枚

 

<作り方>
(1)トマトは種を除き、1cm角に刻む。分量に塩をかけて5分おき水分が出てきたら、ボールにAをすべて合わせる。
(2)カッペリーニをレモンを入れた熱湯で2分ゆてで水分をしっかりきり、麺があついうちに(1)で和える。
(3)器に盛る。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】私の晩期がんを治した毎日の献立 [ 済陽高穂 ]

 

4.鮭と緑黄色野菜のにんにくヨーグルトソースがけ

<材料>(2人分)
生鮭 2切れ
こしょう 少量

[A]
水 大さじ2
すし酢 大さじ2
粒こしょう 10粒(半分に切る)
パセリの軸 1本分
ローリエ 1枚

にんじん 1本(5mm厚さの輪切り)
かぼちゃ 1/8個(くし型)
オクラ 8本

[B]
プレーンヨーグルト 大さじ6
マヨネーズ 大さじ2
こしょう 少量
にんにくオイル 小さじ2
パセリ(みじん切り) 大さじ2

 

<作り方>
(1)にんじん、かぼちゃ、オクラは、この順番で耐熱ボールに入れ、水50mlをかけてクッキングシートで落とし蓋をし、ラップをして電子レンジ(600W)で7分加熱する。
(2)鍋にAを合わせ、煮立ったら鮭を入れてクッキングシートで落とし蓋と蓋をし、中火で5分煮て火を止める。
(3)(1)を器に盛り、Bを合わせたソースをかける。
→(2)の蒸し汁を大さじ2入れていただくと旨みのある美味しいソースに仕上がります。

 

5.10分緑茶キューブ

<材料>(作りやすい分量)
緑茶の葉 大さじ2(7~8g)
お湯(70~80度) 500ml

 

<作り方>
(1)急須に茶葉を入れて、ゆっくりお湯を注ぎ5分おく。
●100%のグレープフルーツジュースに(1)の氷を加えて飲む。
○グレープフルーツジュースと緑茶は最強のにんにく臭を消してくれるコンビ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました