腸内フローラ(腸内細菌)と肥満の関係太りやすい人太りにくい人の違い伊藤裕みんなの家庭の医学

腸内フローラ(腸内細菌)と肥満の関係、太りやすい人太りにくい人の違いがみんなの家庭の医学「太らない身体を作る!腸内フローラSP」で、伊藤裕先生が紹介しました。ちょっと食べただけですぐ太ってしまう人必見!

 

ちょっと食べただけで太る人と、沢山食べても太らない人の差は、腸内細菌(腸内フローラ)のバランスにあるということです。太らない身体を作る秘密を発見!健康長寿のカギは腸内フローラにあったSP。

 

スポンサードリンク

 

腸内フローラとは

腸内フローラ(ラテン語)=お花畑。腸の中のお花畑。腸内細菌が腸の中に広がっている様子。無数の菌がひしめき合う様子が花畑のようだということから来ているそうです。

 

りやすい派VS太りにくい派同じものを食べて体重の差を検証

●太りやすい派 島崎玲子さん53歳 看護師
身長155cm 体重52.25kg BMI21.7(肥満の基準値25)
ダイエットは、ジムに通っている。市販のダイエット食も利用 油断すると太る
2年前は、現在より13kgオーバーの65kgだったそうです。
月々1万円以上かけなんとかダイエットに成功。

 

●太りにくい派 佐藤さゆりさん53歳 専業主婦
身長161cm 体重57.15kg MBI22.0(肥満の基準値25)
お正月など運動不足ちょっと増えたかなと感じるが、普通の生活に戻ると知らないうちに
どんどんダイエットしちゃったって感じだという。しかも、食事制限も一切なしで自然に
落ちているという。
食事量を気にせず食べても目立って体重は変わらないそうです。
知らないうちにどんどんダイエットってすごいですね。

 

お二人に番組が用意した全く同じ食事を3日間食べて体重の変化をみた。
佐藤さん 体重 57.15kg ⇒ 57.05kg ⇒ -100g
島崎さん 体重 52.25kg ⇒ 53.15kg ⇒ +900g
同じ食事量なのに3日にして1kgの差。

 

二人の生活習慣の差は、快便か便秘かにあった。
太りにくい佐藤さんは、快便で、太りやすい島崎さんは40年来の便秘持ちでした。

 病気の9割を防ぐ腸の健康レシピ 免疫力の70%は腸内細菌が作る。 (MAGAZINE HOUSE MOOK)[本/雑…

 

太りやすい身体を作る原因

腸内細菌のバランスが崩れる。
腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌があり、3つの菌の合計1000種類以上の腸内細菌が腸の中に広がっている様子を「腸内フローラ」という。
善玉2:悪玉1:その他7が理想。

 

善玉菌が減ると腸の蠕動運動が悪化し便秘に、また、制御されていたエネルギー吸収が抑えられず過剰に蓄積⇒太りやすい身体を作るとのこと。

 

肥満の原因

1.食べ過ぎ
2.運動不足
第3の原因=腸内細菌のバランス

 

腸内細菌約100兆個>全身の細胞約60兆個。腸内細菌の重さは、約1kg!
大便から水分を除いた残り半分近くは腸内細菌の死骸

 

腸内細菌のバランスが崩れる2大原因

1.加齢
2.高脂肪食

 

赤ちゃんの腸内細菌はほとんどが善玉菌⇒便があまり臭くない
加齢とともに悪玉菌が増⇒便が臭い
年をとると腸の細胞の新陳代謝が悪化、環境が悪くなるため善玉菌が育ちにくい

 

腸内細菌のバランスが崩れると起こる病

花粉症になる可能性、また、アレルギー性疾患のリスクが高まる。
他にも、がん、パーキンソン病 うつ病、動脈硬化 自己免疫疾患など、腸内細菌が全身の様々な病に関係しているそうです。
物を食べる⇒腸内細菌の動きが活発に⇒ 免疫細胞が活性化
腸内細菌は免疫力のコントロールに大きな役割を果たしているそうです。

 

腸内細菌は来たことがありましたが、腸内フローラは今回始めて聞きました。便秘がダイエットの大敵であることも重々分かっていましたが、腸内細菌のバランスで、花粉症にもなるんだなーと思うと、家族みんで腸内細菌のバランスを整えないといけない家庭です。食事で腸内細菌のバランスが整えられたらいいのにな・・・。

 

~関連記事~

腸内細菌(腸内フローラ)のバランスを良くする3つの方法伊藤裕みんなの家庭の医学

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました