8時間ダイエット成功の食材16時間のプチ断食佐藤桂子駆け込みドクター

ダイエット方法・健康法

8時間ダイエット成功の食材、16時間のプチ断食、佐藤桂子先生が駆け込みドクター「お正月太りのあなたに2015年はカラダチェンジSP」で解説してくれました。

 

8時間ダイエットは、前回の放送で大反響を呼んだということです。8時間ダイエットの方法は、1日8時間以内ならいつ何をどれだけ食べてもいいというものです。たとえば、朝8時に朝食を食べたら夕方の4時までに3食食べ終える、朝11時なら午後7時までに食べ終えるというダイエット方法です。

 

スポンサードリンク

 

内科医師の佐藤桂子先生によると、8時間ダイエットのポイントは16時間食べてないことだという。16時間食べていないと新しく糖質が供給されないので、食べない時間帯の間に脂肪が燃焼されるので8時間は食べても大丈夫、つまり16時間のプチ断食とも言えるということでした。

 

8時間以内の食事は、3時間おきに食事を摂るからお腹が空かないうちに食べるので意識しなくても普段の食事量が減せるという。

 

8時間ダイエット成功に導く食材

豆やナッツは食物繊維が多いので腹持ちを良くするし吸収もゆっくりする、8時間の間に摂る食事の量を減らすことも可能になるとのこと。

ひよこ豆のソテー。アーモンド&ナッツ入りヨーグルト。など。
豆類やナッツ類は食べすぎ防止に効果的、また、チーズや卵・赤身肉なども空腹感を押さえる働きがあるとのこと。

 

断食を乗り切るポイント

8時間ダイエットで16時間の断食を乗る切るには、積極的に水を飲むことがポイントだという。脳は喉の渇きを空腹と勘違いするため水分補給で空腹が和らぐのだそうです。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】8時間ダイエット [ デビット・ジンチェンコ/ピーター・…

 

8時間ダイエット1週間実践後の結果

<2児の母・塚元ひろみさん(36歳)>

体重:56.4kg→54.3kg -2.1kgのダイエットに成功
お腹周り:82cm→72.7cm -9.3cmのサイズダウン

 

<専業主婦・上原さやさん(51歳)>

体重:59.4kg→57.9kg -1.5kgのダイエットに成功

 

若林さんは3週間で-2.5kg痩せたそうです。
ダイエットを行う際に重要なことは、無理な食事制限はしないこと。危険だということでした。また、食べないことで便秘になりやすく病気のリスクを高めるそうです。ダイエットを行う時は、水分補給と生活スタイルに合わせたダイエット方法(自分に合ったダイエット方法)を選ぶといいそうです。

 

 

~関連記事~

8時間ダイエットの実践方法と効果が駆け込みドクターで紹介

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました