35歳の少女土曜ドラマのあらすじとキャスト遊川和彦脚本柴咲コウ主演

テレビドラマ

ドラマ35歳の少女は、2020年10月10日土曜日夜10時にスタートします。ドラマ「35歳の少女」は、「〇〇妻」以来、5年ぶりに柴咲さんと遊川さんがタッグを組み、新たに挑むオリジナル作品です。35歳の少女のストーリーは、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きる柴咲さん演じる主人公望美の“時をこえた”成長物語です。坂口健太郎さんが柴咲さん演じる望美の初恋の相手・広瀬結人を演じます。

 

35歳の少女に原作は無く、脚本家・遊川和彦さんの完全オリジナル作品で、遊川さんの代表作品「家政婦のミタ」「同期のサクラ」(日本テレビ系)の制作チームが集結する。ドラマのキーワードは「35歳」「25年」「10歳」だと言うことです。物語は、25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だったから始まります。

 

 

スポンサーリンク

35歳の少女のあらすじ

「25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だったー」
時は、1995年、10歳の主人公今村望美(柴咲コウ)は、不慮の事故で突然、長い眠りについた。
家族はバラバラになり、初恋の少年・結人(原口健太郎)は夢を諦め、それぞれに孤独な“今”を生きていた。しかし、ただ一人、母親だけは娘の奇跡の生還を信じ、見守り続けていた。
そして、2020年。25年の時を経て目覚めた望美は、心は10歳、だけど体は35歳。すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも、望美は未来を生きていく成長物語です。

 

また、望美の小学校のクラスメイトで初恋の相手だった広瀬結人(坂口健太郎)は、一度小学校の教師となったが、ある事件をきっかけに退職する。自信のなさを隠すために、他人の批判と上から目線でなんとか自分を守っていたが、望美と再会することで、体は自分と同じ35歳で心は10歳のままの望美に戸惑いながらも向き合っていく中、自分を見直していく。そして、望美への思いも再び芽生えていくのです。

 

 

35歳の少女のキャスト

・今村望美(いまむら のぞみ)〈35〉 主人公            演 – 柴咲コウ
・広瀬結人(ひろせ ゆうと)〈35〉 望美の同級生であり初恋の相手。 演 – 坂口健太郎
・時岡愛美(ときおか まなみ)〈32〉 望美の妹。          演 – 橋本愛
・今村達也(いまむら たつや)〈25〉 加奈の連れ子。        演 – 竜星涼
・今村加奈(いまむら かな)〈50〉進次の再婚相手。         演 – 富田靖子
・今村進次(いまむら しんじ)〈58〉望美の父。           演 – 田中哲司

 

 

望美の家族の情況

望美の妹時岡愛美は、望美とは3歳違い。愛美は大手広告代理店の営業部門で働くしっかり者だが、恋愛に不器用な“かまってちゃん”タイプの女性。望美の事故後に両親が離婚して母方の時岡姓を名乗ることになり、環境が激変したことで「自分は姉の代わりになれない」と存在意義に苦しみ、姉の目覚めを素直に喜べずにいる。

 

一方、父親の再婚相手で加奈の連れ子である今村達也は、そこそこの私大を卒業後、そこそこの企業に就職したが、いじめに遭い2年足らずで会社を退職し自宅の部屋に1年以上引きこもっている。食事や飲み物が欲しいときだけ、両親とも顔を合わさないようにメールでやり取りしている。毎回、手にしたアイテムが、部屋での行動のヒントになるようです。望美が眠っている間に、一家の歯車が狂ったことで生まれた新しい家族。望美の目覚めは、この家庭にどのような希望をもたらすのか。

 

そして、父親の進次の再婚相手・加奈は達也の実の父と離婚後、進次と再婚。控え目で、穏やかな性格で、進次が前の家庭に未練があることに薄々気づいていながら、何も言えないでいるが、自分たちと向き合ってくれないことに少しずつ不満が蓄積している。

 

望美の父親の進次は、大手ハウスメーカーの営業マン。かつては愛する家族のためお客さまのため家を次々に売るほど成績も優秀で、何度も社長賞をもらっていた。望美の事故をきっかけに徐々に狂っていく夫婦の歯車、壊れていく家族を前に優しいがゆえに何もできずに背を向けてしまった。そして、事故から5年後妻と離婚し、再婚するが義理の息子が引きこもりになってしまい、仕事はもっぱらアフターサービスが中心となっている。前の家族に未練があり家族関係は上手くいっていなく、家庭も仕事も行き詰まっている。

 

 

ドラマ35歳の少女のまとめ

35歳の少女今村望美の初恋の相手だった広瀬結人を演じる坂口さんは、これまで好青年や正義感の強い役柄を演じてきたイメージを覆すような無頼漢の「悪キャラ」だと言うことです。物語の舞台は、1995年と2020年。明らかになったキャッチコピーは「25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だった―」。大平太プロデューサーは、キーワードは、「35歳、25年、10歳」ですと紹介。毎回、遊川作品は、新しいことに挑戦してきましたが、今回も、驚く仕掛けがたくさん用意されています。「もの凄いスピードで成長していく人間の物語」を、楽しみにしていてください」とアピールしている。

 

心が10歳のまま少女が突然「35歳の姿」で目覚めてどう生きていくのか、25年間の空白をどう埋めて心の成長を遂げるのかが楽しみです。また、初恋の相手結人との恋の行方は・・・。3歳年下の妹なのに10歳の姉の目覚めで姉妹の関係は・・・。そして、父の再婚相手の引きこもりの息子はこの家族にとってのキーマンなのでしょうか?演出は「ニッポンノワール ―刑事Yの反乱―」の猪股隆一さんだと言うことです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました