35歳の少女ドラマ第2話あらすじ1話見逃し配信動画

テレビドラマ
DSC_0029

35歳の少女ドラマ第2話あらすじと1話見逃し配信動画サービスについて紹介します。

35歳の少女のドラマは、10歳の望美がお遣いを頼まれて出かけたその日、自転車のブレーキが壊れていてコントロールを失い崖から放り出される不慮の事故に遭います。

長い間眠ったままでしたが、25年後に目覚めた望美の心は10歳、だけど体は35歳、すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きていくという成長物語です。

スポンサーリンク

35歳の少女ドラマ第2話のあらすじ

 

望美(柴咲コウ)は、現在の家族の現状を知ることになります。

両親は離婚し、父・進次(田中哲司)は20年前に再婚して新しい家族を持っていましたが、義理の息子・達也(竜星涼)の扱いに悩んでいました。

一方、妹の愛美(橋本愛)は、母の元を離れ独り暮らしをしていましたが、元恋人・相沢(細田善彦)への未練を断ち切れず、元カレに執着するメンヘラ娘でした。

そして、笑顔を忘れた母・多恵(鈴木保奈美)と買い物に行きますが、望美は大人の洋服や食事が受け入れられないでいます。

また、妹の愛美や父・進次と暮らせないことに疑問を持ちますが、多恵からいなされるます。

さらに、「もう大人なんだから」と35歳の自分を受け入れるように母親から諫められ、望美は追い詰められてしまうのです。

そんな中、「無理に大人にならなくても」と、優しく手を差し伸べてくれたのは、25年ぶりに両想いだったことが分かった初恋相手の結人(坂口健太郎)でした。

望美は、結人の励ましを受け、25年の月日が流れた現実を受け入れようと決意したのですが、変わり果てた世界にまだ馴染めないでいました。

眠っている間に大人の体になっていて、生理が始まったこともにも改めてショックを受けるのです。

母・多恵たえは、自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう望美を急かし、子供っぽい言動を諌めます。

広告代理店で働く妹の愛美は、元カレで上司の相沢が使えない後輩・藤子ふじこ(大友花恋)と付き合っていることにストレスを抱えていました。

そして父・進次は、再婚相手・加奈かな(富田靖子)の連れ子・達也たつや(竜星涼)が仕事を辞め部屋に引きこもっていることに悩んでいました。

別々の場所で、望美の家族はそれぞれの人生に行き詰まりを感じていました。

望美は、自分が原因で家族がバラバラになってしまったことに心を痛めています。

そんな中、相沢の気を引きたい愛美は代行業をしている結人に恋人のふりをしてくれと頼むのでした。

愛美の歪んだ恋愛感情に呆れつつも、依頼を受けた結人は望美の様子が気になっていました。

その頃、かつてアナウンサーになることを夢見ていた望美は、事故の直前まで録りためていた古いカセットテープを聞き、あることを思いつくと、結人に連絡します。

結人に旧友の由紀と沙織を呼び出してもらいます。

保育園の先生になりたかった由紀は会計事務所で働き、ケーキ屋さんになりたかった沙織は専業主婦で2人の子供がいました。

25年という時間の流れを切実に感じた望美は自転車にまたがり、事故のあった坂道を下って行きました。

結人の「のぞみ~」という声で自転車は崖の直前で止められました。

「ママは早く大人になれっていうけど、そんなの無理だよ!」と泣き出望美に結人は「だったら、そのままでいろよ。無理に大人になるなんて必要ないんだ。とにかく、外見なんて気に入るな、お前の好きなようにすればいい。大人になるのは、それからだ」と勇気づけました。

2人はショッピングモールへ行き、なけなしの金で望美の希望を叶え、さらにモモの言葉「大きな不安と、もっと大きな勇気」をあげ「お前には誰より人生を楽しむ権利がある。やりたいことをやる権利がある。大きな勇気をもってこれからいろんなものを見て、聞いて、考え、成長しろ!」と激励するのでした。

家族を呼び出していた望美はこれ買ってきたと豆腐を取り出します。

「豆腐は悪くないから。まなちゃんも悪くないから。パパも悪くないから。ママも悪くないから。悪いのは望美なの。あの日、本当は通る必要ないのに、自転車に乗れるのがうれしくて、坂道でスピード出したくて、事故にあったのは望美のせい。事故にあって、ごめんなさい。25年もみんなに辛い思いをさせてごめんなさい。みんなの気持ちを考えずに、自分ばっかり不公平だと思ってごめんなさい」と家族に頭を下げるのでした。

そして多恵が、黙って望美が買ってきた豆腐をたべ始めると、家族もそれに続きました。

家族皆、25年ぶりの豆腐でした。

望美は「私、成長するね」と家族に成長宣言をするのでした。

 

35歳の少女ドラマの第1話の感想

 

望美が25年後にやっと目覚めたとき、「もも・・・」と言いかけましたが、言葉にならず・・・。

望美が目覚めてすぐに言おうとした「もも」は、初恋相手の結人が貸してくれた「モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語」(ミヒャエル・エンデ/岩波書店)の事でした。

望美は10歳の心のまま、体は35歳になっていてタイムスリップしたような状態でした。

母親も25年間も介護し続け、目覚めると信じていたことにビックリでした。

離婚しシングルマザーで、仕事もして娘の介護もってできるだろうかって考えてしまいました。

柴咲コウさんの35歳の10歳の子供の演技が現実のようで凄かったです。

10歳の子供から35歳の女性に成長していく過程が楽しみになりました。

 

 

35歳の少女第1話見逃し配信サービス

35歳の少女は、動画配信サービス【Hulu】で配信中です!

初めて登録する方には、2週間の無料体験があります!

無料お試し期間内に解約したいと思った場合でも料金は一切かからない!

まずはお試ししてみるのもいいですね。

 


35歳の少女ドラマ第2話のあらすじのまとめ

 

望美は、心は10歳の35歳の少女で自分の家族の状況も自分の事も受け入れられないでいます。

それでも、初恋の相手・結人と一緒に現実を受け入れようとしています。

母からは、自分の体にも今の世界にも早く慣れるよう急かされ、子供っぽい言動をいなされるます。

でも、急に10歳から35歳にはなれないですよね。

そんな望美の葛藤や行動もこれからのストーリーで楽しみですね。

望美は、モモと同じように冷酷な時間泥棒に時間を奪われてしまったというところが「時間」をテーマにしたエンデの名作「モモ」と煮ていることから、今後は「モモ」がドラマの重要な鍵となっていきそうですね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました