リガメントほぐしで、ほうれい線と目元のたるみ改善、若返り術を松宮敏恵先生がサタデープラス「劇的、1日2分で若返り 顔と体のたるみ解消SP」で紹介しました。年齢を重ねると、口の周りの筋力も低下し、たるむことで“ほうれい線”ができてしまいます。

 

そんなほうれい線を改善する方法が「リガメントほぐし」です。リガメントとは、骨と筋肉、脂肪、皮膚をつなぎとめている「結合点」のことで、 骨から皮膚は、このリガメントによって点で支えられています。リガメントをほぐすと、周りの血流やリンパの流れがよくなるので、 筋力がアップし、顔の筋肉が重力に負けずに持ち上がります。

 

スポンサードリンク

 

ほうれい線のできやすさチェック

1.下唇を前歯で軽く噛む
2.そのままの状態で歯茎が見えるように、上唇を上げる
※上唇が上がりにくい人は、ほうれい線が出来やすいと言う証拠だという。

 

リガメントほぐし

ほうれい線と目元のシワを解消する
リガメント・・・鼻の付け根から、頬骨に反ってついている

<ほうれい線のリガメント>

1.肘をテーブルなどに置き、手を固定し、頬骨の下に親指を置く
2.頬骨に沿って親指を押し上げていく
指を頬骨の下に潜り込ませ、下から斜め上方向へ押し上げるイメージ で1日2分でOK。
お風呂の中やお風呂上りがいいそうです。

 

<目元のリガメント>
人差し指の腹で、目元のリガメントを押す。上は眉の黒目のシコシ外側を押す。
1.人差し指の腹を目頭に当てる
2.目の下の骨に沿って楕円を描きながら押してほぐす
3.次に、黒目の上の眉を押してほぐす
※硬い場所は、凝っている証拠なので、念入りにマッサージする
※1日1~2分程度行う

 


小顔リンパマッサージバイブル [ 渡辺佳子 ]

 

ほうれい線は、顔に顔の筋肉が骨、筋肉、脂肪、皮膚という順についていますが、年々重力によってtれてくるのと、紫外線や生活習慣によって老化が進むと筋肉の弾力が低下、皮膚のコラーゲンの減少によって、ハリが保てずに落ちてくることでできるのだそうです。口周りの上に引っ張る筋肉が弱まると顔のたるみやほうれい線の原因になるそうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です