Googleのロゴがゾフィー トイバー アルプ生誕127周年を記念したものに

Googleのロゴがゾフィー・トイバー・アルプさんの生誕127周年を記念したものになっています。ゾフィー・トイバー・アルプさんは、スイス生まれの芸術家で、彫刻家ジャン・アルプの妻であり自身も有名な芸術家です。

 

その功績は高く評価されており、祖国スイスのスイスフラン紙幣にも肖像が使われているそうです。今回のGoogleのロゴは、ゾフィー・トイバー・アルプさんの抽象画や刺繍作品を連想させるものとなっ­っているそうです。

 

スポンサードリンク

 

ゾフィー・トイバー・アルプさんは、応用芸術学校で絵の勉強を始め、様々なワークショップに参加するなどして、芸術の虜になっていきます。そして、1915年に、訪れた展示会で、ダダの芸術家であるジャン•ハンス•アルプさんに出会い、芸術面で意気投合します。二人は数多くのジョイントプロジェクト(木や紙、布を使った幾何学的コラージュ作品など)を共作するなどして、1922年に結婚しました。

 

ジャン・アルプ【Jean Arp】 ポスター アート ポスター Maskenspiel,198…

 

ゾフィー・トイバー・アルプさんは、夫や仲間たちと既存の芸術とは一線を画す斬新な芸術に挑戦しました。その表現方法は幅広く、ダンス、絵画、衣装、刺繍、家具、インテリアデザイン、写真、建築物、人形と多岐に渡るそうです。

 

ゾフィー・トイバー・アルプさんは、1889年1月19日生まれで1943年1月12日の夜、就寝中にストーブの故障により、一酸化炭素中毒で死去したそうです。まだ、53歳の若さでした。

 

スイスの誇る偉人であるゾフィー・トイバー・アルプさんは、50スイスフラン札の肖像になっているそうです。また、ドイツには2007年、ゾフィー・トイバー=アルプとジャンの二人を記念する美術館がオープンしているという。

 

Googleのロゴを見るかぎり、コンピューターアート的な感じがします。80年以上前の作品としては、斬新だと思いました。

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました