Googleのロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念したものに

Googleのロゴが八木アンテナの発明者で知られる電子工学者の生誕130年を記念したものになっています。八木アンテナは、通称で、八木・宇田アンテナのことだという。八木・宇田アンテナは、宇田新太郎の主導的研究によって、八木秀次との共同で発明されたアンテナの一種で素子の数により調整できる指向性アンテナだということです。

 

主にテレビ放送、FM放送の受信用やアマチュア無線、業務無線の基地局用などに利用されているそうです。Googleのロゴを良く見ていると、八木さんと宇田さんと思われる人物らが屋上でアンテナを回転させると、周囲の家々の屋根にも八木アンテナが登場、別の方向に回転させるとアンテナが消えてしまうというアニメーションになっていました。

 

スポンサードリンク

 

日本では日本国外からの情報により八木・宇田アンテナが注目されるようになったという。欧米の学会や軍部では八木・宇田アンテナの指向性に注目し、これを使用してレーダーの性能を飛躍的に向上させ、陸上施設や艦船、さらには航空機にもレーダーと八木・宇田アンテナが装備されたとのこと。

 

しかし、日本では八木アンテナ開発当時の1920年代、学界や軍部では敵を前にして電波を出すなど暗闇にちょうちんを灯して位置を知らせるも同然だと考えられ重要な発明とみなされていなかったという。

 

このことをあらわす逸話があるそうです。1942年に日本軍がシンガポールの戦いでイギリスの植民地であったシンガポールを占領し、イギリス軍の対空射撃レーダーに関する書類を押収した際、日本軍の技術将校が技術書の中に頻出する “YAGI” という単語の意味を解することができなかったという。

 

技術文書には「送信アンテナは YAGI 空中線列よりなり、受信アンテナは4つのYAGIよりなる」と言った具合に “YAGI” という単語が用いられていたそうです。が、 “YAGI” の意味はおろか読み方が「ヤギ」なのか「ヤジ」なのかさえわからなかったという。

 

捕虜のイギリス兵に質問したところ「あなたは、本当にその言葉を知らないのか。YAGIとは、このアンテナを発明した日本人の名前だ」と教えられて驚嘆したと言われているそうです。

 

アメリカ軍が広島と長崎に原子爆弾を投下した際にも、最も爆発の領域の広がる場所を特定するために八木の技術を用いた受信機能が使われたそうです。現在も両原爆のレプリカの金属棒の突起などでアンテナの利用を確認できるという。

 

 

八木・宇田アンテナの開発者である八木秀次博士が創業したメーカー・八木アンテナ(株)<現社名:(株)日立国際八木ソリューションズ>は、2013年11月末日をもってテレビ受信用アンテナと関連する大部分の製品について製造及び販売を終了している。その後も同社直営の通信販売部門で一部の製品を継続販売していたが、2014年12月にホームページにおいて、2015年2月27日をもって営業を終了することが掲載された。

 

八木アンテナは、1952年に八木・宇田アンテナの考案者の一人である八木秀次を創業者とし発足したが、2000年10月1日 日立電子とともに国際電気に吸収合併され、日立国際電気八木アンテナ事業部となるが、ふたたび、2004年10月1日 日立国際電気から分社し、八木アンテナ(2代)となる。

 

しかし、地デジ化に伴い2010年8月アナログTV用VHF・VU共用アンテナ生産を完全終了。2013年4月1日 – 日立国際電気サービス(日立国際八木ソリューションズに改称)を存続会社として、八木アンテナ、日立国際電気エンジニアリング、八木電子が合併し、会社は消滅したそうです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました