35歳の少女ドラマ第1話あらすじ主題歌はKing Gnuの“三文小説”世界名作「モモ」との再会

テレビドラマ
DSC_0027

35歳の少女ドラマ第1話のあらすじと、主題歌はKing Gnuが書き下ろした“三文小説”世界名作「モモ」と初恋相手との再会についてです。

35歳の少女ドラマは、2020年10月10日土曜日夜10時にスタートします。

ドラマ「35歳の少女」は、「〇〇妻」以来、5年ぶりに柴咲さんと遊川さんがタッグを組み、新たに挑むオリジナル作品です。

物語は、25年ぶりに帰ってきた娘は、10歳の子供だったから始まります。

ドラマのキーワードは「35歳」「25年」「10歳」。

2020年、25年の時を経て目覚めた望美(柴咲コウ)は、心は10歳、だけど体は35歳すべてが変わってしまった世界に戸惑いながらも未来を生きていく成長物語です。

 

スポンサーリンク

35歳の少女ドラマ第1話あらすじ

 

1995年、幸せの象徴のような新築の一軒家に今村家は住んでいました。

10歳の長女・望美は、お遣いを頼まれ意気揚々と出かけたその日、自転車のブレーキが壊れているとも知らず坂道を飛ばしていました。

しかし次の瞬間、コントロールを失った自転車は崖から大きく放り出されてしまうという不慮の事故に遭ってしまったのです。

事故のあと25年間眠り続けた望美は、母・多恵(鈴木保奈美)の必死の介護によって奇跡的に25年後に目を覚ましました。

しかし、明るく優しかった多恵は笑顔を見せない冷たい女性に、恰好良かった頼れる父・進次(田中哲司)はパッとしない中年に、可愛かった妹・愛美(橋本愛)は不機嫌で刺々しい大人に変わり果てていました。

2020年に25年ぶりに目覚めた望美を待ち受けていたのは、変わり果てた世界と自分でした。

病室で目を覚ました望美の目の前に広がるのは、なんと25年後の“現在”でした。

望美自身は、心は10歳、体は35歳の「35歳の少女」である自分が受け入れられずにいました。

現在に馴染めないまま退院を迎えた日、多恵はお祝いにすき焼きを用意していました。

実はすき焼きは家族にとって因縁の料理だったのです。

まだ声の出せない望美を囲み、ある“秘密”を抱えたぎこちない家族の食卓が始まりました。

そこに望美の初恋相手・広瀬結人(坂口健太郎)が訪ねてきます。

望美は、小学生のころ結人に「これ読んでみたら」と、“モモ 時間どろぼうとぬすまれた時間を人間にかえしてくれた女の子のふしぎな物語 ”を渡されたことをを思いだしていました。

そして、結人に本と共に「言い忘れたことがひとつある。お前は俺の初恋なんだ!」と告白されるのでした。

世界の名作のひとつである「モモ」は、望美にとってとても大事な物語になってるようです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モモ 時間どろぼうと、ぬすまれた時間を人間にとりかえして [ ミヒャエル・エンデ ]
価格:1870円(税込、送料無料) (2020/10/9時点)

楽天で購入

 

 

これから、望美と結人の恋の行方は・・・。

望美の家族、今村家はこの長かった25年間をどのように過ごしてきたのでしょうか?

35歳の少女のドラマ第1話は、10歳の少女が25年の時を経て35歳で目覚め、現実をどのように受け入れて行くのか、周りの人々はどう関わっていくのか、望美が未来へ成長するための物語の始まりです。

 

35歳の少女ドラマ主題歌

 

35歳の少女のドラマ主題歌は、King Gnuの書き下ろし曲「三文小説」です。

楽曲は初回オンエアで初解禁されるようです。

かねてからKing Gnuの才能に惚れ込んでいた大平太プロデューサーが、「このドラマのために、新曲を作って欲しい」とオファーしたことで、二人のタッグが実現したそうです。

King Gnuとしては、2020年1月15日に発売され大ヒットとなったアルバム「CEREMONY」以降、初のリリース作品となるそうです。

King Gnuが連続ドラマに主題歌を提供するのは「イノセンス 冤罪弁護士」(2019/日本テレビ)の「白日」に続き2度目だそうです。

主人公望美の苦悩とそれでも前向きに生きていこうとする姿勢、それをそばで見つめている人たちの想いが歌い上げられたという「三文小説」。

King Gnu常田大希さんのコメント

「2020年、我々King Gnuはアルバム”Ceremony”をリリースして以降、一曲も新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの”35歳の少女”という素敵な作品と巡り合い、また新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください」

<35歳の少女|日本テレビより引用>

35歳の少女ドラマ第1話あらすじ主題歌のまとめ

 

35歳の少女ドラマ第1話のあらすじは、10歳で長い眠りにつき、25年後目覚めた少女が、35歳の大人になった体と変わり果ててしまった家族に戸惑いながらも成長していく物語です。

世界の名作の1つである「モモ」、実はドラマの中のキーアイテムなのだそうです。

望美は結人から「 モモ 」を借りたまま25年返せていないらしいです。

そして、この本が初恋の2人を再会させます。

2人の初恋の行方が気になりますね。

さらに、望美が目覚めたとき、今村家族はある“秘密”を抱えたまま、25年ぶりの食卓を囲んでいました。

果たしてそのとき望美の一家に何が起こり、家族はどんな秘密を抱えることになってしまったのか気になりますね。

 

タイトルとURLをコピーしました