母の日の花を前日に買う時の注意点・保管方法は?枯れずにあげたい花束

季節のイベント・行事
スポンサーリンク

母の日の花を前日に買う時の注意点・保管方法は?

母に感謝を込めた花束を枯れずにあげたいのだけど、前日に買っても生き生きしたままを保てるのでしょうか?

母の日にお花を贈る方は多いです。

まずは、前日に必ず買えるようにお店に予約しておくといいですね。

また、お花はバケツなどに入れて立てて保管しておきます。

 

スポンサーリンク

母の日の花を前日に買う時の注意点

 

花束は、生花なので出来るだけ渡す直前に買った方が萎れてしまわなくていいのですが、いくつか注意することで生き生きしたままの花束を贈ることができます。

感謝の気持ちを込めた花束ですので、どうせなら例え前日に買ったものでも最高の花束で贈りたいものですね。

 

注意点

花束は、前日・当日に関わらず事前予約するといいです。

お花屋さんやお店で、お花を翌日あげることや当日であっても長く持ち歩くなどの場合も状況を伝えるようにします。

そうすると、お花屋さんやお店は状況に合わせてお花が一番きれいになるように作ってくれます。

3日以上前に予約する方が状況にあったお花を注文できるそうです。

 

母の日の花を前日に買った時の保管方法は?

前日に買った母の日の花束は、涼しい場所でバケツなどに立てて保管します。

また、お花を濡らさないように気を付けます。

 

涼しい場所に置く

母の日でもある5月の第2日曜日は、暖かいとはいえ気温が上がり暑くなることもある季節です。

気温が高いとお花が元気をなくしてしまいます。

直射日光はもちろん、エアコンの風が直接当たらない涼しい場所に保管します。

たとえ、冷房だったとしても風が当たれば乾燥しやすいくお花にもダメージが。

涼しいといっても、屋外での保管は避けた方がいいです。

強風や雨が降ることもありますので。

風通しの良い涼しい、玄関や廊下などがいいですね。

 

お花は立てて置く

お花は、ダンボール箱やゴミ箱、バケツなどに立てて置きます。

花束の場合、根元に水分や栄養分が含まれたゼリーが包まれている場合があるので、

横に倒してしまうと、水分や栄養分が流れだしてしまいお花が枯れてしまう原因にもなります。

また、お花を濡らすと傷んだり、変色する原因につながります。

 

母の日の花を前日に買う時の注意点・保管方法は?枯れずにあげたい花束のまとめ

 

母の日の花を前日に買う時の注意点・保管方法は?枯れずにあげたい花束のまとめです。

母の日の花を前日に買う場合は、注意点や保管方法に気を付ければ、生き生きしたままの花束を贈ることができます。

 

母の日に贈る花束を買う時の注意点は、出来れば3日以上前に事前予約するのがいいですね。

売り切れてたりする心配もなく、翌日贈るための対処を施してもらえますから。

さらに、翌日までの保管方にも気を付けることで、最高の花束を贈ることができるかもしれないのです。

花束には、水分や栄養分が施されていますので、流れ出してしまわないように立てて保管するようにします。

もしも、全体的に元気がなくなってしまったら根元の水分が不足してしまってるのかもしれないです。

その時は、ラッピングを外して根元の切り口を出して、少し切り落して水に浸けるか、水分を含ませたリードペーパータオルなどで切り口付近を包んで水が漏れないようにアルミ箔で包み、ラッピングしなおすと良いかと思います。

年に1回の母の日です、感謝の気持ちを込めてカーネーションが入っている花束を贈りたいですね。

でも、保管方法に自信がない場合は、アレンジメントしてもらうのもいいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました