口臭・虫歯対策には皮つきりんご!効果的な食べ方やいつ食べるのか?

生活・暮らし・節約術
スポンサーリンク

口臭・虫歯対策には、皮つきりんご!効果的な食べ方やいつ食べるのか?についての紹介です。

林修の今でしょ講座では、「バナナVSリンゴVSパイン」最強フルーツ№1決定戦 夏の悩み解消5番勝負を開催!

口臭・虫歯対策に最適な果物はりんごでした。

しかも、皮も一緒に食べること。

でも、りんごの皮が苦手な人もいますよね。

そんな方は、果汁100%のりんごジュースでもOKだということです。

口臭対策にリンゴを食べるとしたら、基本的には「食後」

りんごを食べる量の目安は、皮付きのりんご1個を8つ切りにしたものを2つ(1/4個)

マスクをすると、口呼吸が増え、口の中が乾燥することで、口臭や虫歯の原因になる細菌が大量発生してしまうこともあるという。

バナナ、リンゴ、パインのいずれかは、そんな口の中の細菌を50%減らすパワーを持っているということです。

スポンサーリンク

口臭&虫歯対策にもっとも効果的なフルーツとは?

口臭&虫歯対策にもっとも効果的なフルーツとは?

1位 リンゴ
2位 パイン
3位 バナナ

という順番でした。

ちなみに、リンゴとパイナップルはかなりの僅差でした。

リンゴポリフェノールが口臭の原因を50%減らす

実は、りんごに含まれるリンゴポリフェノールには、口臭の主な原因と言われているメチルメルカプタンを50%減らしてくれるという実験データが報告されています。

メチルメルカプタンとは

メチルメルカプタンとは、玉ねぎの腐ったニオイです。

そのメチルメルカプタンを50%減らしてくれるのが、リンゴポリフェノールです。

リンゴポリフェノールとは?

リンゴポリフェノールとは、りんごを切った後、褐色になるものです。

そもそも口臭というのは、口の中に残った食べカスが発酵して発生するものですが、口の中が乾燥してくると、つまり唾液が減少してくると、口臭の原因メチルメルカプタンが増加してくるということです。

唾液が減る行為は、口呼吸によるものです。

口呼吸で口の中が乾くと、口臭の原因メチルメルカプタンが発生し増えてきます。

口の中が乾くと悪臭が出てくる環境が整ったことになります。

マスク生活で口呼吸になりやすい今、リンゴポリフェノールが口臭対策に役立つということです。

また、リンゴポリフェノールは、玉ねぎの腐敗臭だけでなく、にんにく臭も抑える働きが期待できるということです。

リンゴポリフェノールは、カットフルーツにも含まれてはいますが、皮と一緒に食べるようにします。

りんごの皮には、実の2倍~4倍のリンゴポリフェノールが含まれていて、りんごの皮が食べカスをこそぎ落してくれるという。

リンゴ酸㊙パワー

リンゴ酸は、普段使っているモノの中に利用されています。

リンゴ酸が含まれている普段よく使うものは、歯磨き粉にも入っていたりします。

リンゴ酸は、そんなに強力な酸というわけではありませんが、酸の働きによって口臭の原因菌を抑える効果が期待できるというのです。

菌の増殖を抑えてくれるという事は、つまり歯周病の予防、歯垢の付着を防ぐにも効果があるということです。

リンゴポリフェノールとリンゴ酸の働きによって、口臭・歯周病・虫歯の対策になるというのです。

口臭対策にはいつりんごを食べるのか?食べ方は?

口臭対策にリンゴを食べるとしたら、基本的には「食後

リンゴを食後に食べるメリットは、口臭発生の原因となる食べカスを取り除ける。

リンゴの食べ方は、皮も一緒に食べることで、豊富なリンゴポリフェノール×リンゴ酸のダブルで口臭対策になります。

りんごを食べる量の目安は、リンゴ1個を8つ切りにしたものを2つ(1/4個)をよく噛んで食べます。

リンゴを食べた後に、歯磨きをしてもリンゴの成分はしっかり頬の粘膜から吸収されるので、リンゴを食べて歯磨きしても問題はないとのことです。

ちなみに、りんごは食べるだけではなく、果汁100%のりんごジュースでも効果は期待できるとのことです。

パイナップルの口臭予防

僅差で次点になってしまったパイナップルも、違う観点から口臭予防が期待できるというのです。

口の中の舌に、舌苔(ぜったい)という白い汚れが付きます。

これも、口臭の原因になるそうです。

舌苔は、たんぱく質の塊で、パイナップルにはたんぱく質の塊を分解するブロメラインという酵素が含まれています。

もしも、舌が白くなっていたら、パイナップルを食べれば舌苔が取れて口臭が軽減されると言われているそうです。

口臭・虫歯対策には皮つきりんご!効果的な食べ方やいつ食べるのか?のまとめ

口臭・虫歯対策には皮つきりんご!効果的な食べ方やいつ食べるのか?

りんごに含まれるリンゴポリフェノールが、口臭の主な原因と言われているメチルメルカプタンを50%減らしてくれ、リンゴ酸の働きによって口臭の原因菌を抑える効果が期待できるということです。

つまり、りんごんのリンゴポリフェノールとリンゴ酸の働きによって、口臭・歯周病・虫歯の対策になるいうことです。

口臭対策にリンゴを食べるとしたら、基本的には「食後」にリンゴ1個を8つ切りにしたものを2つ(1/4個)くらいでいいそうです。

口臭・虫歯対策には、皮つきりんごを1/4個、食後に食べればいいということですね。

タイトルとURLをコピーしました