鍋レシピ鶏と香味野菜のすきやき鍋とれんこんと長芋の磯辺揚げ栗原心平男子ごはん

料理レシピ

鍋レシピ、鶏と香味野菜のすきやき鍋レシピと付け合せにれんこんと長芋の磯辺揚げレシピを料理研究家の栗原心平さんが男子ごはんで紹介しました。鶏と香味野菜のすきやき鍋は、中華麺を和えてシメにする、寒い冬の新定番になるという。

 

パーティーなどにもおススメの鍋なんだそうです。さらに、おつまみにも、すき焼きにつけて食べても美味しいというれんこんと長芋の磯辺揚げって気になりました。わたし、長いもの磯部揚げは作りますが、短冊に切った長いもに海苔を巻いて天ぷら粉で揚げています。

 

スポンサードリンク

 

鶏と香味野菜のすき焼き鍋レシピ

<材料>(2人分)
鶏もも肉 300g  玉ねぎ 1個  豆苗 2パック  三つ葉 2束  香菜 3~4枝
めんつゆ(ストレート) 1カップ  サラダ油 大さじ1  粉山椒 適量

<鍋のシメ>
中華麺(表示通りに茹でる) 1玉  溶き卵 1個分  ごま油 小さじ1
万能ねぎ(小口切り) 適量  粉山椒、白いりごま 適量

 

<作り方>
1.鶏肉は薄めのそぎ切りに、玉ねぎは5㎜厚さの輪切りにする。
2.豆苗、三つ葉、香菜は根元を切り落として5㎝長さに切る。
3.鍋を熱してサラダ油をひき、鶏肉、玉ねぎを強火で焼く。
4.両面を焼いて鶏肉に半分くらい火が通ったらめんつゆを加え、 3~5分煮る。
5.仕上げに豆苗、三つ葉、香菜をたっぷりのせ、蓋をして少し蒸らし、 粉山椒を振る。

6.鍋のシメを作る。
7.残った鍋の煮汁に中華麺を入れて加熱し、 ごま油を加えてほぐしながらひと煮する。
8.溶き卵を全体に流し入れて白いりごま、万能ねぎをちらし、 蓋をして卵が好みの固さになるまで加熱する。 仕上げに粉山椒を振る。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】男子ごはんの本(その6) [ 国分太一 ]

 

レンコンと長芋の磯辺揚げレシピ

<材料>(2人分)
レンコン 100g  長芋 150g  半分に切ったすだち 各適量
(a)  青のり 小さじ2  天ぷら粉 大さじ3  水 大さじ4
塩・揚げ油 各適量

 

<作り方>
1.レンコンは皮をむいて5㎜厚さの輪切りにいて水にさらし、ペーパーで水気を拭き取る。
2.長芋は皮をむいて5㎜厚さの輪切りにする。
3.ボウルに(a)を混ぜ、 揚げ油を中温に熱する。
4.れんこん、長芋に(a)をからめながら揚げ油に入れていく。
5.中火で返しながら揚げ、全体がきつね色になったら油をきって取り出す。
6.熱いうちに塩を振り、器に盛りすだちを添えて完成。

 

冬の鍋ってお野菜もたくさん食べられて健康的でいいですよね。今回の鶏と香味野菜のすき焼き鍋には、豆苗、三つ葉、香菜が使われていて、鍋では遣い慣れない野菜でした。青のりっていつも賞味期限内に使い切れないので、れんこんと長芋の磯辺揚げレシピは作ってみたいです。

 

~関連記事~

しょうがレシピ千切り生姜肉団子鬼しょうがダレ牛丼男子ごはん栗原心平男のロマンシリーズしょうが
しょうがの佃煮レシピアレンジレシピ栗原心平男子ごはん男のロマンシリーズしょうが

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました