暮らしに役立つ公共サービス光熱費の節約無料でかしこく活用世界一受けたい授業

暮らしに役立つ公共サービス、光熱費の節約に無料でかしこく活用できる公共サービスが、世界一受けたい授業で紹介されました。警視庁が行っている「メールけいしちょう」に登録するだけで家の近くで発生した事件を自動的にメールで教えてくれるそうです。

 

また、深夜や休日でも子どもの健康状態について無料で相談できるサービスもあるそうです。それは、小児救急センターで#8000番で電話すれば相談できるそうです。さらに、最近増えている身近なトラブルや身に覚えのない請求書などの相談には、警視庁の相談専用電話番号、#9110番で対応してくれるそうです。

 

スポンサードリンク

 

まだまだ、相談に乗ってくれる公共サービスがありました。
薬の相談窓口は、厚生労働省でTEL03-3506-9457。
子どもの人権110番 法務省でTEL0120-007-110。(いじめなど)相談できます。

 

また、資格などの受講にかかった費用の20%最大10万円の支給。英会話教室、パソコン教室、簿記、建築士など。ただし、受講開始時に1年以上雇用保険のある仕事についている人。ハローワークなどで申請。ユーキャンにも紹介されています。

 

Q.生まれたばかりの赤ちゃんに公共サービスで送られるプレゼントとは?

A.絵本
イギリスから始まったサービスで、「ブックスタート」と言うそうです。子どもたちに読んであげたい絵本を無料でプレゼントしてくれるそうです。これは文部科学省ではじまったサービスで、0歳児健診の時に希望すれば、全国900の市区町村で、誰でも申請してもらえることが出来るようになっているそうです。

 

Q.替えるだけで、光熱費がおよそ年間4万7千円節約できるものとは?

A.シャワーヘッド
実は、水道とガスを使うシャワーは、どの家庭でも多くの光熱費がかかっているそうです。シャワーヘッドを、ホームセンターなどで買えるお湯の出る穴の小さい節水シャワーヘッドに替えると、穴が小さい分、圧力がかかって勢いは変わらずに、お湯の量を減らして光熱費と水道代を抑える事ができるそうです。

 

超節水!最大約70%!大人気ボリーナシャワーヘッドの姉妹品【送料無料】節水シャワーヘッド ア…

 

電気・ガス・水道などの光熱費の節約を環境省が無料でお手伝いしてくれるサービス。
「うちエコ診断」・・・電気・ガス・水道が1度に節約できる公共サービス。無料でオタクを訪問。節約対策を細かくアドバイス、専用ソフトに光熱費や家電の種類を入力してチェックしてくれる。

 

・エアコンの電源を抜く・・・使っていない春と秋。年間で600円の節約になる。
・暖房の温度を1℃下げる・・・4ヶ月で6000円の節約。
・白熱球⇒LEDライトに・・・年間3万円の節約。

 

Q.農業研修を終えて、農家として独立しようとする時、農林水産省があるものを支給してくれます。そのあるものとは?

A.750万円の支給
実は農家の独立は『3年間、収入がない』と言われるほど大変厳しいものだということで、このサービスは、5年間にわたり、毎年150万円ずつ支給してくれるというもの。 このサービスは、市町村に書類を提出し、農業への意欲などがあると認められれば、高校生から45歳未満の人まで、誰でも受けることができるそうです。

 

<農林水産省 全国新規模就農相談センター>

農業を始めたい人⇒育てやすい農作物や初期費用など様々な疑問を無料で相談可能。最大6週間の農業体験ができるそうです。研修先は、全国300以上。

 

農業独立・・・いいなと思ったけど、年齢制限あるんですね・・・。定年後ったのは無理ですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました