天ぷらのサクサク復活楽うまレシピなるほどレストラン

天ぷらのサクサク復活楽うまレシピがなるほどレストランの新企画「まさか!?の楽うまレシピ」で紹介しました。まさか!?の楽うまレシピの監修は、食物学博士の佐野秀美先生。主婦の悩み解決!楽うま調理法。

 

時間がたっても天ぷらのサクサクが蘇る楽うまレシピとは・・・。料理を上手に作るまさか!?の情報が満載。

 

スポンサードリンク

 

時間が経った天ぷらのまさかの楽うまレシピ

時間が経つとフニャフニャになってしまう天ぷら・・・。 衣がフニャフニャの天ぷらには水をかけて揚げ直すとサクサクとした食感が復活するそうです。

 

<作り方>

1.フニャフニャになった天ぷらの衣を水で洗う。
2.キッチンペーパーで表面の余分な水分をよく拭き取る。
3.約160℃の油でカリッとするまで揚げ直す。(高温だと衣が硬くなる)

天ぷらの衣がフニャッとしているのは、食材から衣に水分が移動したため。フニャフニャの原因は、水分!!水で洗うことで、衣全体の水分量が均一になり水分を均等に蒸発させることが出来るのでサクサク感が生まれるそうです。

 

【楽天ブックスならいつでも送料無料】栄養「こつ」の科学 [ 佐藤秀美 ]

 

<サクサク衣の作り方のポイント>

衣を作る時に使う水を、日本酒に変えるだけで日本酒のアルコール効果で水分が先に蒸発し、衣に水蒸気の通り道ができることで水分が飛びやすくなるそうです。 アルコール分は、熱で蒸発するので子どもが食べても安心だということです。

 

我が家では、いつもオーブントースターで焼き直します。余分な油が出て衣もパリパリになって美味しいですよ。コロッケなどの揚げ物もこの方法で美味しく頂いています。揚げるという点では、今回の水で洗って揚げなおす方法も試してみたいです。

 

 

~関連記事~

▼鶏ムネ肉をしっとり柔らかくするまさか!?の楽うまレシピなるほどレストラン

▼乾燥パスタの茹で時間短縮モッチリ食感の楽うまレシピなるほどレストラン

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました