最強野菜!らっきょう驚異の底力について、ためしてガッテンでらっきょうの効果は腸内環境もスッキリ改善すると紹介しました。加熱でらっきょうが甘くなる! 腸内環境もスッキリ改善!のまとめです。

 

らっきょうの定番といえば、甘酢漬けですが、旬は6~7月です。今、スーパーに行くと一番目立つ場所に「らっきょう漬けセット」置かれています。

 

スポンサードリンク

 

 

らっきょうには「フルクタン」という、糖がたくさんつながった多糖類が多く含まれているそうです。メロンのおよそ2倍、30度以上なんだそうです。フルクタンをなめても、糖の分子が大きすぎてほとんど甘さは感じないそうです。糖がこんなにたくさんつながった大きなものは舌のセンサーに引っ掛からないそうです。

 

ところがらっきょうを加熱すると、フルクタンはより小さな糖に分解され、「甘み」に変わります。
その性質を利用して鳥取県が開発したのが、生らっきょうを2日間90℃で加熱し続けてできる、「黒らっきょう」。食べてみるとジャム並みの甘さです。(鳥取県では特産品として販売しています。)

 


鳥取県産 完熟 黒らっきょう 70g ×1個 無添加 アチーブエモーション 産地直送 砂丘 らっきょう ポリフェノール 健康 他のメーカー商品との同梱不可 代引不可

 

ジャム並みの甘さにするには、家庭では難しいそうですが、らっきょう農家の人たちは、生らっきょうを加熱して、その甘みを楽しむ食べ方を知っているそうです。その方法がが、「焼きらっきょう」に「らっきょう天ぷら」というらっきょうレシピです。

 

らっきょうに含まれるフルクタンは、腸内の乳酸菌を増やす働きがあり、便秘解消に効果があるそうです。

 

フルクタンは、水溶性の食物繊維で血糖値上昇の抑制効果、肥満抑制に繋がるなどダイエット効果も期待できるようです。らっきょうは、健康にいいってことですね。なるべく毎日食べたいとは思いますが・・・、臭いがちょっと・・・でも、カレーのときは美味しいですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です