ジンギスカン鍋がない!ホットプレートで応用する作り方とおススメ2選

料理レシピ
スポンサーリンク

ジンギスカン鍋がない!ホットプレートで応用する作り方とおススメ商品2選の紹介です。

今、羊肉が注目度急上昇しているという。

ヘルシーブームで火が付き、最近ではスーパーでも専門コーナーができるほど大人気なんだとか。

でも、ジンギスカン鍋がないっていう人もいますよね。

林修の今でしょ講座、「羊肉VS牛肉VS豚肉VS鶏肉」栄養&健康パワーを徹底比較!医師が選ぶ夏の最強肉決定戦SP 現在大ブームの羊肉で紹介された、ジンギスカン鍋の代用方法です。

ジンギスカン鍋がなくても大丈夫!家でできる人気店の味を再現できる、プロの技を3か月先まで予約でいっぱいの羊SUNRISEオーナー兼ラムバサダーの関澤さんが教えてくれました。

家庭にある調理器具でジンギスカン鍋を代用できるというのです。

ジンギスカン鍋がない!でも、応用でき専門店のようにおいしく焼くことが出来る調理器具は、ホットプレートです。

片面しっかり焼いて、裏面あっさりくらいが羊を美味しく食べられる焼ぐあいです。

お家で絶品ジンギスカン鍋の作り方の紹介です。

スポンサーリンク

ジンギスカン鍋がない!ホットプレートで応用

専用のジンギスカン鍋がないっていう家庭もあるという事で、応用して使えるのがホットプレートです。

ジンギスカン鍋の特徴は、空洞の中で熱が対流する事で中心の温度を一定に保つことが出来、そのうえ、焼き立てをすぐに食べられるという事が特徴です。

また、ホットプレートも、ジンギスカン鍋と同じく、設定した温度(高温にできるので)を常に一定に保ってくれる機能がついているので、ジンギスカン鍋と同様に焼き立てをそのまま食べられるので、ホットプレートが良いそうです。

ジンギスカン鍋ホットプレートでの作り方

ホットプレートで出来る羊肉のおいしい焼き方も教えてくれました。

お店の味に近づく一工夫とは?

ホットプレートでの羊肉のおいしい焼き方

1.ホットプレートの温度を一番高温に設定します。
2.ラム肉の脂をプレートに塗ります。
※ 意外とスーパーのお肉係の人に声をかけると、店頭に出してないだけで羊の脂がもらえるケースがあるんだとか。もし、なければサラダ油や牛脂でもOKです。
3.付け合わせのしいたけを焼く時のポイントは、ひだを上にして片面焼がおすすめ
※ 羊の脂は、家畜系のお肉の中で一番甘い脂と言われているので、野菜はなんでもおいしくなるそうです。特にきのこは相性だいいそうです。

<スーパーで売っているラム肉のおいしい焼き方>
1.野菜は周囲をぐるっと囲むようにおきます。
2.ラム肉をプレートに乗せてしばらくすると、水分がお肉の表面上に上がってきます。
3.肉が汗をかいている状態になったら、そのタイミングでひっくり返します。
4.お肉をひっくり返したとき、反るのでしっかり箸やトングで押し付けて焼きます。
5.ひっくり返してから30秒ほど火を通したら完成です。
※片面しっかり焼いて、裏面あっさりくらいが羊を美味しく食べられる焼ぐあいだという事です。
6.あとはタレにつけて食べるだけです。

ジンギスカンってどんなお肉を使うの?

ジンギスカンとは、羊のお肉でマトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)などをお野菜と一緒にジンギスカン鍋と言った専門の鉄板で焼く焼肉料理です。

ジンギスカンは、鍋料理に分類されるそうなのですが、調理方法は鉄板料理の調理方法となっています。

羊肉には、ビタミンB2などのビタミン類が多量に含まれているうえ、高タンパク低カロリーなんだそうです。

必須アミノ酸や鉄分・カルシウム等のミネラル分も豊富でバランスのよい良質なタンパク源です。

そして、スタミナの増進や体力の強化などにも効果があるということです。

わたしが知りえる限りでは、一般的には北海道を代表する郷土料理とされています。

ジンギスカンは、日本独自の羊料理で北海道文化遺産にも登録されているそうです。

ジンギスカンおススメ商品2選

1.北海道のグルメ番組で何度も紹介されている、「ジンギスカンと言えば松尾」の食べ比べ商品です。


【松尾ジンギスカン公式】送料無料!食べ比べセットA 冷凍 [ジンギスカン セット](ジンギスカン 羊肉 バーベキュー 肉 焼き肉 お肉 bbq 食材 お取り寄せ 北海道)

2.小さなお子様からお年寄りまで幅広い年代に愛される味。少し甘しょっぱくて、噛むほどにジューシーで深い味わいを、マトン・ロースマトン・ラムの3種類のお肉が味わえる商品です。


お中元 肉 ギフト【長沼本店直送/送料無料】かねひろジンギスカン Cセット【ラム肉 ジンギスカン 成吉思汗 味付き 直送 焼肉 BBQ グルメ 人気 老舗 お取り寄せ 北海道直送】【10_OFF】

ジンギスカン鍋がない!ホットプレートで応用する作り方のまとめ

ジンギスカン鍋がない!ホットプレートで応用する作り方は、ラム肉から出る肉汁を野菜に絡めていただくと、羊の脂は、家畜系のお肉の中で一番甘い脂なのでお野菜が美味しくなるそうです。

ラム肉は、焼きすぎると硬くなるので一度にたくさん焼くのではなく、食べては焼く、を繰り返すと美味しくいただけるということです。

片面しっかり焼いて、裏面あっさりくらいが羊を美味しく食べられる焼ぐあいです。

ラム肉付属のタレは、〆のうどんを作る際に使うのもよさそうですね。

北海道の親戚に行くと、たいてい連れていかれるのがジンギスカン専門店でした。

なので、私の中ではジンギスカン=北海道で定着していますね。

ジンギスカンは、高タンパク低カロリーなのも嬉しいですね。

タイトルとURLをコピーしました