炭水化物抜き糖質制限ダイエットの新説、「大病を患った時に生還率が低苦なる可能性がある」と林修の今でしょ講座で炭水化物抜き・糖質制限ダイエットをしている人は注意という新説が紹介されました。常識を覆すダイエットの新説を内臓脂肪に詳しい名医池谷医院 院長 池谷敏郎先生が紹介してくれました。

 

炭水化物抜きや糖質制限は、正しいやり方だと非常に有効ですが、意外に「正しいやり方でできていない人が多い」のだという。間違った炭水化物抜き糖質制限ダイエットを行うと、ダイエットに成功したように見えても、肝心の脂肪がほとんど落ちていないという可能性があるそうです。新型肥満のサルコペニア肥満に・・・。

 

スポンサードリンク

 

正しい糖質制限

炭水化物(糖質)を食べない分、脂質やたんぱく質などで必要なカロリエネルギーを補うダイエット方法のこと。

 

間違った糖質&炭水化物制限

糖質ぬきで不足したエネルギーを他のもので補わないダイエット方法。 このような間違ったダイエットをしている人は、やせるどころかある新型の肥満になっている可能性があるそうです。痩せても筋肉量が減っているという。

 

新型肥満サルコペニア肥満

体の筋肉がどんどん落ちていってしまう。筋肉は体が危機的な状態になったとき、免疫力を上げる緊急設備なんだそうです。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】サルコペニア肥満解消ダイエット [ 久野譜也 ]

 

筋肉が細くなっていないかチェック方法

くつ下を用意し、くつ下を片足立ちで履くことが出来るか?
サルコペニア肥満の可能性がある人 ⇒ くつ下を片足立ちで履けない。

 

サルコペニア肥満の可能性をチェック

□両手でバランスをとって片足立ち
□30秒間グラつかなければOK

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です