血管若返り温泉療法酸性泉をたけしのみんなの家庭の医学「カラダマル秘老けないSP」で、北海道大学病院温泉療法専門医で日本温泉気候物理医学会理事長の大塚吉則先生が解説してくれました。身体の老化を食い止め長生きできる方法が紹介されました。血管を若返らせるという温泉は、入浴するだけで、血糖値を低下させ血管を若返らせるというのです。

 

酸性泉とは、酸性度の強い温泉(ph3未満)で、特徴は、硫黄臭、湯の花でピリピリとした刺激があるという。酸性泉には、岩石などを溶かす力が強く様々な歳暮運が溶け出していると言う。

 

スポンサードリンク

 

血管が老化すると、血管が硬くなり動脈硬化に・・・、この動脈硬化を急激に進めてしまうのが血糖値だという。血糖値が高くなると溢れた等分が血管にダメージを与え、プラークができやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞など命に関わる病になる可能性があるそうです。

 

酸性泉で有名な温泉

・群馬県 草津温泉
・群馬県 満座温泉

 

 

酸性泉の中のある成分「Zn亜鉛・Mnマンガン」がインスリンの作用を高めるそうです。亜鉛とマンガンが皮膚から入りすい臓へいき、インスリンの作用を高める。その結果、血糖値を下げるのだと言う。

 

温泉に入ると高い温熱効果で血管が拡張されるそうです。日に何度も入ることで血管は拡張と収縮を繰り返すことに。すると、この動きが血管のストレッチとなり、血管の弾力性がアップ磨りそうです。そのため、血管年齢が若返るのだそうです。

 

酸性泉の入り方

1、入浴は1日3回まで
2.1回の入浴時間は5分以内

 

2~3週間かけて温泉療法を行うと血糖値は下がるが、2泊3日の温泉入浴であれば2~3日で効能はなくなってしまうと言う。

 

番組では、2泊3日で血糖値が高めの方2名が酸性泉の効果を検証しました。
山下さんの空腹時血糖値は、検証前の101から92に低下。
狩野さんは、102から83に下がっていた。
そして、血管年齢も80歳以上だったがが40代に若返り実年齢を下回りました。

 

血糖値が高めの二人は普段から食生活を制限されていたようですが、なかなか血糖値が下がらなかったそうですが、2泊3日で普段の倍以上の摂取カロリーでしたが、温泉に入るだけで、運動もなしなのに血糖値が大幅に下がっていました。

 

糖尿病って、食事療法とお薬が主になりますが、なかなか血糖値が下がらないですよね。温泉に入るだけでこんなに下がるのはいいですね。もっと簡単に、毎日家でも酸性泉のお風呂に入れればいいですよね。

 

~関連記事~

血糖値を下げて血管を若返る入浴法家庭の医学

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です