チューブ式キトジェニックダイエットアメリカの最先端ダイエット世界ミラクルラボラトリー 

チューブ式キトジェニックダイエット、アメリカの最先端ダイエットを世界ミラクルラボラトリー「ギネスに載る異常食欲おデブVS食欲を削ぐ衝撃ダイエット」で紹介しました。あまりにも食欲が暴走しすぎて泥まで食べてしまうインドの少女スーマン カートゥン は10歳にしてすでに体重は100kgオーバーだということです。

 

1日4食、毎回大人の3倍の量を平らげるそうです。さらにおやつも四六時中食べっぱなし・・・。
トータルカロリーは、7125kcal 日本人の成人男性の役3倍以上ものカロリーを摂取しているという。

 

スポンサードリンク

 

CTスキャンで健康チェックしたところ、肥満が原因で心臓・肝臓が肥大。脂肪肝も見られるという。若くして生活習慣病を発祥、命を落とす危険性もあるという。

 

アメリカで最先端ダイエットを発見!!10日間で体重が1割減少するというダイエット方法だということです。何も食べなくても空腹を感じない夢のダイエット方法だというのです。
世界一重い妊婦としてギネス登録もされたことのあるドナシンプソンさんが実はやっているダイエット方法でチューブ式キトジェニック・ダイエットというやり方で10日間鼻から胃へとチューブを通すだけというものです。

 

チューブから必要最低限の栄養素が入ったプロテインを24時間一定量送り続けます。胃には常に一定のプロテインが保たれ空腹を感じないということです。

 

チューブ式キトジェニック・ダイエットのルール

・食べ物は一切口にしてはいけない
・口にできるのは糖分のない飲み物のみ
急激に体重が減少するため10日が限度
一度行うと1ヶ月以上間隔をあけなければならない

 

ドナシンプソンさんは、10日間のチューブ式キトジェニック・ダイエットで体重232kg合った体重が12kg減、ウエストも17cm減に成功したそうですが、インドの少女にも応用すべきかどうかゲストドクターが意見を交わしていましたが、8人中3人が賛成と低い結果でした。

 

10歳の少女なのでなんともいえませんが、食欲を上手に違うものへ向けれれれば食べすぎも防げる気もしますが、かなり太っていますからね。病的な感じもしましたが、死の危険性が理解できるのなら、ダイエットさせたほうがいいですね。その後も気になるところです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました